コペン・ローブS(MT)とS660を比較してコペンを選んだ理由

コペン・ローブS MTのスペック

日本の軽自動車タイプのスポーティーな車として、よくダイハツ コペン・ローブS(MT)とホンダS660が比較されますよね?

この記事をお読みになっている方でも、「コペン・ローブSを買おうか、S660を買おうかで迷っている・・・」という方も多いのではないでしょうか? また、S660を購入しようとされている方は、比較的、エンジン音、カーブ性能、アクセルオフの時の音など、日用的な利便性よりも、「走りの質」を重要視している傾向がある印象を受けます。

私は、コペン・ローブSやS660以外にも候補にしていた車はコペン・ローブS含めて7車種ありました。最終的に、ダイハツのコペン・ローブSに決めたわけですが。私が、6つの候補の中からコペン・ローブS(5速MT)を選んだ理由を書きます。

sponsored link


コペンを選ぶ際に、候補にした7車種

  • コペン・ローブS(ダイハツ)
  • S660(ホンダ)
  • マツダ・ロードスター(マツダ)
  • アウディTT・ロードスター(audi)
  • アウディTT・クーペ(audi)
  • フェアレディーZ・ロードスター(日産)
  • フェアレディーZ(日産)

私が、コペン・ローブSを購入する前に検討した7車種です。

改めて見てみると、私はクーペタイプの形状の車が好きなようです。私は身長が180cmあるので、よく友人などから「大きい車(アルファード、ラウンドクルーザーなど)の方が似合うんじゃない?」と言われますが、コンパクトでスポーティーなタイプの車に魅力を感じます。

クーペは流線型が綺麗

コペン・ローブS MTのスペックコペン・ローブS MTのスペック

クーペは、前や横から見た時のシルエット(ライン)が綺麗なんですよね。

ゴツゴツしていない流線型で、ちょうど男性と女性をミックスさせたような中性的なイメージ。 街中をドライブしていても、いつも「おっ!あの車綺麗だな」って思うのは、クーペが多いです。最近ではAudi(アウディ)に乗られている方が増えてきている印象があります。アウディ車のコンセプトは私も好きです。

ダイハツさんに1つ、コペン・ローブSに注文をつけるとすると、横から見た時のボディーの形状を、アウディTTやフェアレディーZのようなシルエットにしてほしいなぁと感じました。 でも、東京オートサロン2016では、コペン・セロ クーペが注目を集めていたようです。

完全なクーペ型のコペン?!

運転席から、トランクにかけて、横から見た時のシルエット(なめらかな傾斜)が綺麗ですね。でも、このコペンセロ・クーペは現行のコペンのようにオープンカーではないので、そこが残念です。 オープンにならないのであれば、アウディや、フェアレディーの方が魅力的に映ります。

私の車選びのコンセプト(基準)

みなさんも、車選びをする時にコンセプト(基準)ってありますよね? また、いくつかのコンセプトの中でも優先順位があると思います。私の車選びのコンセプトを優先順位の高い方から並べると、

  • 車はあくまでも交通手段の1つ(=趣味で買うものではないし、そこまでお金をかけるものでもない)
  • 車のデザインが重要(走行性能は、よっぽどひどくなければ気にならない)
  • 運転していて楽しめるか→マニュアルMT車
  • 自分のライフスタイルに必要な機能を満たしているか(荷物が乗るかなど)

こんな感じになります。 簡単にまとめると、値段、お洒落感、運転の楽しさ、実用性のバランスがとれているかどうかです。さっきの検討した7車種をもう1度見てみると

  • コペン・ローブS(ダイハツ)
  • S660(ホンダ) → 幌が手動、荷物が乗らない、走行性能重視なのでデザインが好みではない
  • マツダ・ロードスター(マツダ) → フロントライトの形が好みではない
  • アウディTT・ロードスター(audi) → ルーフがソフトトップ(幌)なので、防犯性、遮音性が気になる。デザインは◎
  • アウディTT・クーペ(audi) → オープンではないので楽しさの面で外しました。デザインは◎
  • フェアレディーZ・ロードスター(日産) → ルーフがソフトトップ 防犯性、遮音性が気になる。デザインは◎
  • フェアレディーZ(日産)→ オープンではないので楽しさの面で外し。デザインは◎

という形で、消去法的にコペン・ローブSが残りました。

ソフトトップルーフは面倒?

特にアウディTTロードスターは、デザインは大好きなのですが、開閉式ルーフがソフトトップなのが防犯性の面で気になります。ソフトトップ型のオープンカーのネットでの口コミを聞いてみると、「車を駐車して小一時間買い物して戻ってきたら、幌(ルーフ)がカッターで切られて、買い換えないといけなかった」とか「経年劣化で買い換えないといけない」など、車にそこまでお金をかけたいと思わない私にとっては、ソフトトップルーフ型のオープンカーは、面倒くさいなと感じました。

また、ソフトトップルーフの場合、雨が降ると、「ポツポツポツ」と雨の中を傘をさして歩いている音がするようで、それもちょっと気になるなと思っています。あの雨が傘を打つ時の音は、私は不快に感じてしまうタイプなので。

ホンダのS660もソフトトップルーフです。ただ致命的なネックが・・・

これは「ホンダS660をオープンで走行したい!」と思った時の、ルーフ脱着の動画ですが、

  • ルーフ脱着は完全手動
  • ルーフ脱着にボンネットを開かないといけない(同時に車を乗り降りしないといけない)
  • 急な雨に対応できない

正直、これだけで、ホンダS660は選択肢から外れました。コペン・ローブSは、ルーフの開閉は、ボタン1つで自動でやってくれます。時間は20秒〜30秒かかったり、走行中は開閉できないなどのデメリットはありますが。(ちなみに、この動画のコムエンタープライズさんが販売されているキットを使えば、走行中でもルーフを自動開閉できるようです)

また、S660は致命的に荷物がのりません。なので、S660は、日用的な機能性を完全無視して、純粋に「走りの性能」を楽しみたい、という層のユーザーに特化しているのだと思います。 ダイハツ、ホンダの両ディーラーさんの話を聞いたところによると、コペンはCVT、S660は6速MTが売れる傾向が強いようで、ユーザー層がはっきり分かれるなって印象を受けました。

コペンに向いている人、S660に向いている人

コペンに向いている人

  • 中性的なデザイン、インテリアのような空間が好きな人
  • ハードトップルーフがいい
  • スポーティーな車でも、実用性がほしい(荷物が乗るか)→コペンはトランクが広い
  • スポーティ ✕ お洒落 のバランス重視
  • 走行性能よりも、デザイン重視
  • エンジン音や、アクセルオフの音などを聞いても、たいして興奮しない

S660に向いている人

  • 実用性ガン無視で、とにかく走りの性能を追求したい
  • エンジン音やアクセルオフの音に敏感でこだわりがある
  • 荷物をのせることはあまり想定していない
  • 「剛性」や「トルク」という言葉を聞くと、反応してわくわくしてしまう
  • ガンダムチックなあの男心をくすぐるボディーデザインが好き

こんな感じでしょうか。

コペン・ローブSもS660は、どちらも軽自動車ですし、価格帯も200万円前後と値段の面では似ています。ただ、デザインを重視するか、走りを重視するかで好みが分かれると思いますね。走り性能重視の方は、コペンのエンジン音を聞いて、ちょっとがっかりするかもしれません。

ただ、コペンも、カーブや右左折時は、自分の思い描いた通りのラインで、綺麗にスムーズに曲がれます。コペンで1番驚いたのは、カーブ性能ですかね。エンジン音は少し残念なところがありますが、デザインや機能性重視の私には特に問題になりません。

まとめ

私が合計7車種の中から、コペン・ローブSを選んだ理由を紹介しました。

ダイハツ・コペンは、セロ、エクスプレイ、ローブ(それぞれ標準・S)と選択肢が多いのがメリットです。女性でしたら、かわいらしいデザインのレトロチックな車が好みならセロのCVTタイプとか、デザインとスポーティーの両方を楽しみたいならローブSのMTタイプという具合に、自分のイメージにぴったりの車を選べることが人気の秘密なのかもしれませんね。

sponsored link