コペンの中古車購入のメリットとデメリット 価格とオプションのかけひき

新型コペンを中古車で購入するメリットデメリット

私もコペンローブS(mt)を最終的に中古で購入しましたが、購入後も、グーネットやカーセンサーなどの人気中古車情報サイトで、新型コペンの中古車情報を確認していたりします。

  • 年式
  • 走行距離
  • 付属オプション
  • 価格(総額いくらか)
  • スペックと価格のバランス

だいたい、これらのことをローブ、セロでチェックしているのですが、観察していると、「このコペンは絶対お買い得だよなぁ」なんて思うことが結構あります。 まるで宝探ししているみたいでおもしろいです。

最近、中古車情報サイトで見つけたお買い得コペンのスペックは

  • ローブ(CVT)
  • 走行距離1000km以下(試乗車落ち)
  • 年式: 平成27年式(2015年)
  • bbsホイール
  • 純正ナビ
  • ETC
  • ディーラー保証1年
  • 車検2年

支払い総額187万円

という条件の中古車。

bbsホイールなんて新車オプションだと20万円の代物ですし、それにナビとETCがついてきますから、それだけで約30万円相当の値引きをしてもらっているような感覚です。ダイハツ認定中古車の試乗車落ちなので、内外装はほぼ綺麗と言ってもいいでしょう。

標準ローブ(Sグレードではない)かつ、CVT車なので、5速マニュアルMTにこだわりのある私としては見送っている中古車ですが、CVTコペンを購入しようと考えてらっしゃる方にとってはお買い得だと思います。

「コペンは中古でも高い!」

と一般的に言われていて、たしかにコペンは人気がある車(生産終了した旧型でもそれなりのお値段)で、中古車市場でもなかなか値崩れしない珍しい車種なのですが、その中でもよく見てみるとお買い得車(割安車)が存在するわけです。

今回は、コペンを中古車で購入することのメリットとデメリットについて、私が気づいたことを紹介。

sponsored link


コペンを中古車で購入することのメリット、デメリット

メリット

新型コペンを中古車で購入するメリットデメリット

試乗車落ち、登録済み未使用車を狙える

ダイハツディーラーが試乗車として使用していたコペンや、ディーラーの販売ノルマ達成のために、自社で購入したコペン(登録済み未使用車)は、

  • 年式も新しい
  • 走行距離も少ない
  • 内外装の状態も綺麗
  • 故障等のリスクをそこまで心配する必要はない
  • 前オーナーがどんな乗り方をしていたか不透明なリスクを避けられる
  • 新車で購入するより安く購入できる

といった要素があるので、コペンに限らずですが、中古車市場の中でも人気が高いです。新車同様の状態なのに、新車より安く購入できるわけですから、当然といえば当然ですが。

特に、新車値引きの渋いコペンには、こういった試乗車落ち、登録済み未使用車のような中古車の購入も選択肢に入れるということはメリットが大きいと思います。

オプションが付いている

新車で新型コペンを購入すると、オプションを追加するのに料金がかかります。

  • bbsホイール → 20万円
  • ワンセグナビ → 5万円

といったように。

でも、中古車の場合は、前オーナーが取り付けていたオプションや、ディーラーが試乗車用に見栄えのためにつけていたオプションなどが、そのまま装着された状態で値段がつけられます。

冒頭の、bbsホイール、純正ナビ、ETCが全部ついて、購入後に新たにナビやオーディオに投資せずに済むようなお買い得中古車も見つかるわけです。

年式の割には、走行距離が少ない中古車もある

一般的な車だと、年式と走行距離というのは、たいてい比例しますよね?(年式が古い車は、たいてい走行距離も多い)

ただ、新型コペンの場合は、他の一般的な車事情とは少し異なり、セカンドカーとして所有する人も多いわけです。週末だけコペンのドライブを楽しむためなど、趣味としてコペンを購入したオーナーなど。

たとえば、新車登録してから3年たつのに1.5万kmしか走行してなかったり。(年間5000km)

一概に、走行距離が少ないからといって、状態がいいとも言えませんが(経過年数相応に動かしていた車の方が調子がいい場合もある)、コペンにはセカンドカーとして利用する方が多い、という性質上、割と走行距離の少ない車も見つかります。

デメリット

新型コペンを中古車で購入するメリットデメリット

中古でも価格が高い

新型コペンは中古でも価格が高いです。

カーセンサーやグーネットなどの中古車情報サイトで、コペンの車体価格相場を見てみると、1年、2年落ちでは新車購入価格とほぼ値段が10万円前後しか値段が変わらず、3年落ちくらいで、20万円後半〜30万円の価格下落があるといった感じ。

ただ、メリットでもあげたように、表示価格は高くても、高価な目玉オプションが付いていることもあるので、よく探せばお買い得車を見つけることができます。

新車購入か中古購入か迷う

程度のいいコペンの中古車は、新車で購入するのとほぼ変わらない値段がしますよね?ただ、新車で購入するよりもたしかに安いことは安いんです。

そんな時に、中古で購入するべきか、新車で購入するべきか、微妙なバランスで悩みますよね?

私が購入したのは試乗車落ちのコペンローブS(mt)でしたが、新車で同スペックのものを購入するより約51万円安く購入できたので、中古車の選択をしたわけです。価値観の問題だと思いますが、10万円程度しか違わないのであれば新車を購入するという選択肢もありますよね?

新車と中古の意思決定ラインを、どのあたりに設定するのか悩ましいのがコペン。

MT車の中古はリスクが計算できない

コペンのMT車というのは、前オーナーが、どのような乗り方をしていたのか想定できません。

考えられるのは

  • スポーツ走行を楽しむのに、少し荒っぽい乗り方をしていた
  • 単にMT車が好きで、綺麗に街乗りを楽しんでいた

の2通りがあると思いますが、基本的にコペンのマニュアルMT車を選ぶ方というのは、「車の運転がめちゃくちゃ好き」という方が多いのではないかと思います。私もコペンにMTモデルがなければ購入していなかったので。

私はローブS(mt)に乗っていますが、普通に街乗りやドライブを楽しむのが目的なので、エンジンをふかしたり、チューニングしたり、無理なハンドリングをするようなことはありませんが、前オーナーによって外部からは見えないリスクが内部に隠れている場合もあります。

保証期間が短い

新車でコペンを購入すれば、メーカー保証3年(延長5年)は当たり前についていますが、中古で購入する場合は、保証は販売店舗によってバラバラです。

メーカー保証のような手厚い保証を受けられることは、ほぼないと言ってもいいと思います。新車で購入するよりも、よりあなたの車メンテナンススキルが必要。

納得できる中古車を見つけるのが大変

中古車は、どれも1点もの。

中古車情報サイトで「お!このコペンお買い得かも!」と思った翌日には、すでに商談が成立して売約済みになっていることなんてざらにあります。私も今回のコペンローブS(mt)を探すのには苦労しました。

  • 年式
  • 走行距離
  • 予算
  • グレード

あらかじめ、あなたが狙っているコペンの条件を具体的に決め、いい中古車を見つけたら即決するくらいの準備が整っていないと、あっという間にライバルに負けてしまします。(商談は先着順なので)

「中古車は欲しいと思った時が買い時」

というのは、中古車購入の格言だと思います。

>> 中古車を探してもらう方法【無料】 ディーラーや中古車販売店のプロに任せるのがコツ

まとめ

私が実際にコペンローブS(mt)を中古車で購入した経験を元に、コペンを中古車で購入することのメリット、デメリットを紹介しました。

いかがでしたか?

「少しでも安く購入したい」というのは万人共通の思いだと思いますが、人気で中古車でもなかなか値崩れしないコペンのような車は、中古か新車かどちらで購入するか、決断に迷いますよね。

私の1つの判断基準として、

  • 付属しているオプション
  • 車の程度(未使用車、試乗車落ち)

であれば、中古でも故障などのリスク計算がしやすく、お買い得なのかなと思います。

sponsored link