タイヤをネット通販で購入→受け取りを取り付け店舗に直送する方法

たとえば、新品タイヤをネット通販で購入する場合、通常の通販のようにタイヤを自宅で受け取りする場合、

  1. 届いた重いタイヤを車のトランクに積む
  2. タイヤ取り付け店舗まで運ぶ

という、2段階のステップと「思いタイヤを運ぶ」という大変な労力が必要ですが、これを、

  1. ネット通販でタイヤを購入
  2. 送り先(受け取り)は、タイや取り付け予定先店舗に直送
  3. タイヤ取り付け予約日、当日は、「手ぶら」で取り付け店舗に向かう

という流れにしてしまえば、ITが発展した現代らしくてスマートだと思いませんか?

実は、ネット通販で購入したタイヤの受け取り先を変更して、タイや取り付け先店舗まで直送することは簡単にできます。

今回は、2大通販サイト、楽天、アマゾンでタイヤを購入し、受け取り先をタイヤ取り付け店舗に変更&直送する方法を紹介します。是非活用してみてくださいね。

sponsored link


ネット通販で購入したタイヤの受け取り先を、取り付け店舗に変更

アマゾン編

普段と同じように、購入する商品をカートに入れ、購入手続きに入ります。

購入手続き画面の途中に、「新しい住所を追加」という項目があるので、下の方へ画面をスクロールしてください。

送り先追加登録フォームがあります。

こちらのフォームに必要事項を記入。

  • 氏名: あなたのお名前
  • 郵便番号、都道府県、住所、会社名、電話番号: タイヤ取り付け予定先店舗の情報

間違いのないように確認したら「この住所を使う」をクリックして、受け取り先住所の登録完了!

このように、タイヤの送り先が、タイヤ取り付け店舗に変更されました。

以上です。簡単ですよね?

楽天通販編

普段通り、購入するタイヤをカートに入れて、購入手続きに入る。

送付先の「変更」をクリック!

送付先の必要事項を記入。アマゾンと同じように、

  • 氏名: あなたのお名前
  • それ以外の項目: タイヤ取り付け先店舗の情報

にします。

あとは、注文確定ボタンを押してタイヤの購入は完了です。

購入したタイヤを直送する際の注意点

オープンカー コペンをレンタカーで借りる時の注意点

ネット通販で購入したタイヤを、タイや取り付け先店舗に直送する前に、必ず注意しておきたいことが1つあります。

それは、タイヤの注文を確定する前に、取り付け先店舗に予め連絡を入れておくことです。

常識で考えれば当然の話ですが、取り付け先店舗の方も、事前連絡もなく、いきなりタイヤが送られてきたら迷惑ですし、困惑してしまいますよね?

購入するタイヤを取付店舗に直送する場合は、

「◯日に、車のネット通販で購入しますので、貴店で取り付けをお願い出来ますか?」

と、連絡を入れましょう。

格安なタイヤ取り付け店舗の探し方をご存知ですか?

新型コペンの中古車の探し方のコツ

ネット通販で購入するタイヤを車に取り付けてもらうと、「持ち込み」という扱いになるので、取り付け工賃が割高になります。

持ち込み工賃は、お店によって料金設定がバラバラですが、自分のお店で購入したタイヤの工賃の約2倍の料金設定をしている店舗も珍しくないです。

あなたは、今回購入するタイヤは、どこで取り付けてもらう予定でしょうか?

ディーラー?それとも、オートバックスのようなカー用品量販店?

実は、タイヤを持ち込みでも安く取り付けてもらえる「持ち込み歓迎店舗」を簡単に探せるサイトがあります。

私は、このサイトで見つけたタイヤ持ち込み取り付け店で、普段タイヤを取り付けてもらっています。

  • タイヤ脱着
  • タイヤ組み替え
  • ホイールバランス

相場ですと、1500円〜2000円近く取られる持ち込み料金ですが、私がお世話になっているお店では、タイヤ1本900円でやってもらっています。

持ち込み歓迎で、取り付け工賃最安値の店舗を検索できるサイトについて詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。
>> 通販で購入したコペンのカスタムパーツを持ち込み取り付けできる店舗を探す方法

sponsored link