コペン(la400k,l880k)のタイヤ値段相場をネット通販で比較

コペン・ローブSの純正サスペンション ビルシュタインの乗り心地

コペン(la400k,l880k問わず)は、運転が楽しい車なので、ついつい寄り道をしてしまったり、思った以上に走行距離が伸びてしまいますよね?

ツイッターを見ていると、コペン歴9年で18万キロ(年間2万キロ)走られた方もいらっしゃるようで、「コペンと共に生きる」といった言葉がふさわしいくらいコペンを満喫されているなぁ〜といった感慨深いものがあります。

さて、走行距離と切って離せない問題が「タイヤの消耗問題」ですよね?

新品タイヤに交換する際に、

  • ネット通販
  • オートバックス、タイヤ館のようなカー用品店
  • ディーラー
  • ガソリンスタンド

など、タイヤを購入する場所は様々な選択肢がありますが、問題は、コペンのタイヤをどこで購入するかによって新品タイヤに履き替えるためのトータルコストが大きく変わるということ。

具体的には、タイヤ1本の値段がたった1000円違うだけで、4本トータルでの値段は4000円も違うわけです。

また、「タイヤのみ」を購入する際には、タイヤをホイールに取り付けるための「タイヤ交換工賃」も別途必要になってきますので、

  • 新品タイヤ本体価格
  • タイヤ交換・取り付け工賃

この2つの総額のトータルコストを比較する必要があるわけですね。

ただ、一見、面倒くさく見えるコペンの新品タイヤの値段相場比較ですが、実はスマホ1台で簡単にできます。

ネット通販、オートバックス、ディーラー、ガソリンスタンド、この4つのどこでコペンの新品タイヤを購入するとトータルで安く、満足感の高い幸せな買い物ができるのか、普段私がタイヤを購入している方法を紹介!

ちなみに、この方法を使えば、わざわざオートバックスやディーラーまで足を運ばなくても、家にいながらスマホ1台で、どこでタイヤを購入するのが最安値なのか把握できるので、とてもおすすめです。

sponsored link


コペンタイヤの値段相場を比較する流れ

コペン la400k l880kのタイヤ値段相場比較

1.まずネット通販でのタイヤ値段相場を知る

「最安値価格を知る」というと、「相見積もり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、ディーラーやオートバックスにコペンのタイヤの値段を聞く前に、まずはネット通販で、購入予定のタイヤがいくらで購入できるのか確認します。

私が普段、タイヤの値段相場を利用しているネット通販サイトは「アマゾン」です。

フジコーポレーション、カーポートマルゼンと、ネット通販の大手タイヤホイール専門店がありますが、「タイヤのみ(=ゴムだけ)」を購入する場合は、以前、3通販サイトでタイヤごとの価格比較をしてみましたが、アマゾンが安くておすすめ。
>> ルマン5とレグノ・grレジェーラを価格比較! タイヤ通販最安値はどこ?

2.アマゾンのタイヤ値段相場を元に、各店舗に見積もりをとる

アマゾンのタイヤ値段相場(タイヤ本体価格+タイヤ交換工賃)を知れたら、あとは、オートバックス、ディーラー、ガソリンスタンドなどに、「電話で」見積もりを取るだけです。

予めネット通販でタイヤを購入し他場合の最安値価格(=アマゾン価格)を事前に把握しているので、

あとは、アマゾン通販の値段相場よりも、

  • 安いのか
  • 高いのか

判断するだけ。

下手にリアル店舗で値引き交渉するよりも、「最後はアマゾンが安い」というカードが残っているので、こちらとしても強気になれますし、心に余裕がうまれます。

  • アマゾンより安ければ、リアル店舗で購入
  • アマゾンより高ければ、アマゾンで購入

と、システマチックに効率的に選択肢を絞れますよね?
>> amazon→宇佐美で格安タイヤ交換方法!購入から取り付けまでの流れ

ネット通販でコペンのタイヤを購入した場合に気になること?

ネット通販でコペンのタイヤを購入した場合、

「ネット通販で購入して家に届いたタイヤは、コペンのトランクに積んで取り付け店舗まで運ばないといけないの?!」

と、ネット通販でタイヤを購入されたことのない方は疑問に思いますよね?

たしかに、コペンにはタイヤ4本積むことができるのですが(トランク3本、助手席1本)・・・

正直、タイヤを積めたとしても、コペンにタイヤを積むのは非常に面倒くさいので、できるならこんな手間は避けたいですよね?

タイヤ交換予定先店舗まで、直接タイヤを送ることができたら便利だと思いませんか?

ネット通販からタイヤ交換店舗に直送できます!

実は、これだけITが発達すると、自分が「もっとこうしたいな〜」と考えたことは、誰かがすでにサービスを提供してくれているので、「もっと便利にならないかな〜」と思ったら、とりあえずグーグルで検索してみると幸せになれます。

実は、アマゾンや楽天など、ネット通販で購入したタイヤは、「送り先をタイヤ取り付け予定先店舗に指定」することで、いちいち自宅でタイヤを受け取らなくても、タイヤを直送することができるのです。

つまり、タイヤを取り付けてもらう際には、あなたはタイヤをコペンのトランクに積む必要がなく、予約当日には、「手ぶら」で取り付け先店舗に行くだけで、面倒な手間なくタイヤを取り付けしてもらうことができるんですよ!

便利ですよね?

アマゾンや楽天など、ネット通販で購入したタイヤを取り付け予定先店舗に直送する方法(送り先指定)については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

sponsored link