新型コペンのタイヤ交換 持ち込み工賃の安い店舗の検索方法

新型コペンのタイヤ交換を持ち込み工賃が安い店舗

新型コペンのタイヤ交換をどこでしてもらおうか悩んでいませんか?

タイヤ交換の持ち込み工賃(料金)は、そのお店の経営方針によって違うので、店舗によってバラバラ。ディーラー、オートバックスやイエローハット(カー用品量販店)、エネオス、宇佐美のようなガソリンスタンドなど、新型コペンのタイヤ交換を持ち込みでしてもらえる場所はいろいろあります。

ただ、そこで問題になるのが、

「タイヤ交換の持ち込み工賃(料金)は基本的に割高」

だということ。

sponsored link


タイヤ持交換 持ち込み工賃は高い

新型コペンのタイヤ交換を持ち込み工賃が安い店舗

どの店舗もタイヤを自分のお店で購入してもらいたいので、「ウチでタイヤを購入してくれたら工賃は安くするよ」というような料金設定になっています。たとえば、タイヤ持ち込みの場合と、店舗でタイヤを購入して、同時に取付する場合では、タイヤ交換の工賃が2倍違うなんてこともあります。

私自身は、タイヤ交換は毎回自分で油圧ジャッキを使ってやっていますが、私が昔、お付き合いのあったディーラーでは、サマータイヤ→スタッドレスタイヤに交換する時(またはその逆)のタイヤ交換費用は1本1500円。4本で6000円です。

ただ、私の知っている個人経営のタイヤショップでは、タイヤ交換の持ち込み工賃は、1本900円。4本で3600円。

1本900円というのは一般的なタイヤ交換相場と比較しても、格安の料金だと思いますが、「タイヤ交換」という単純な作業1つにしても、工賃はこれくらいお店によって違うということですね。

ただ、タイヤ交換は春と冬、年に2回、必ず発生するイベントなので、徹底的に格安にタイヤ持ち込み料金が安い「自分だけの穴場的な店舗」を探しておくことは十分なメリットがあると思います。意外と個人経営の車整備工場が狙い目。

個人経営のお店は、オートバックスなどの量販店と違い、オーナーとのつながりが蜜になるので、タイヤ交換以外(車の修理)でも、あなたのわがままを聞いてもらいやすくなる可能性もあるので、特に専門性の高い車の分野では、そういった関係から得られる恩恵は大きいですよ。

ただ、1軒1軒、インターネットで持ち込みでも安くタイヤ交換をしてくれる店舗を探して見積もりを取るのは大変ですよね?また、お店のホームページを見ただけでは、そのお店の対応や、スタッフがどういう人なのかがよく分かりません。

持ち込みのタイヤ交換店舗を効率よく探す方法

そこで、便利なWEBサービスがあります。

あなたの住まいの近くで、持ち込みのタイヤ交換をできる店舗をスマホからでも効率よく簡単に検索できるWEBサービス。しかも、そのお店でタイヤ交換をした人の実際の口コミも見られるので、スタッフの対応も知れて、お店選びの基準にもなります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>> 新型コペンのパーツ取り付け、塗装、タイヤ交換が安い店舗はどこ?

sponsored link