新型コペンのスタッドレスタイヤ交換費用は1本いくらかかるか調べてみた

タイヤ交換 十字レンチ

あと1週間もすれば12月。

私の住んでいる福井県では、2日前の日曜日に、今年初あられが降って、いよいよ冬突入か、といった感じです。コペンオーナーの皆様は、もうすでにコペンのスタッドレスタイヤ交換は終えられましたか?

さて、新型コペンの純正サマータイヤは、タイヤサイズが16インチ(165/50R16 75V)となっています。ただ、以前、タイヤサイズとタイヤ価格の関係を表でまとめた記事を書きましたが、車のタイヤは、インチサイズが大きければ大きいほど、それに比例して値段が高くなるんですよね。(スタッドレスタイヤの場合、14インチと16インチでは、1本あたり、約2倍値段が違う)
>> 新型コペン・ローブSの冬用タイヤを14インチにインチダウン!適合ホイール

なので、経済性を考えて、コペンの冬タイヤは、16インチではなく、14インチにインチダウンするという方も多いはずです。

ここで、新型コペンのスタッドレスタイヤを16インチから14インチにインチダウンすることのメリットとデメリットを整理しておきましょう。

sponsored link


14インチインチダウンのメリットとデメリット

新型コペンのタイヤ交換費用

メリット

  • タイヤの扁平率(タイヤのサイドウォールの高さ=ゴム厚)が高くなるので、16インチ純正タイヤに比べてクッション性が増して乗り心地が改善する
  • 同じタイヤでも1本あたりの価格が安いので、お財布に優しい

デメリット

  • ホイールサイズが小さくなるので、見た目の迫力に欠ける(デザイン面)
  • 走行性能(特に右左折、カーブ)が、16インチタイヤと比較すると、ややもったりした感じ

詳しくは、私のコペンローブSを14インチのスタッドレスタイヤにインチダウンして走行してみて、乗り心地がどう変わったのか、感想をレビューした記事があるので、そちらを参考にしてくださいね。
>> コペンローブS タイヤ14インチ化の乗り心地インプレ【突き上げがまろやか】

ちなみに、コペンのスタッドレスタイヤを14インチにした時に、ネットでもよく心配されている「キャリパーとホイールの干渉」の件ですが、キャリパー干渉は全く問題なく、「ホイール・キャリパー間(横、奥行き)」ともに約13mmの隙間があるので安心です。
>> コペン 冬用タイヤサイズをインチダウンで14インチ化!キャリパー干渉は大丈夫?

コペンを14インチのスタッドレスタイヤにインチダウンした時のデメリットは、見栄え、デザイン性の問題を除けばないといってもいいですし、むしろコペン特有の「硬い乗り心地」が改善されたり、お財布に優しいというメリットの方が大きいと思います。特に、冬のボコボコしたコンディションの悪い雪道には、高扁平のクッション性のあるタイヤの方が向いています。

雪道の中を、コペンの純正16インチ扁平率50の乗り心地が硬いタイヤで走行しようと思うと、考えただけでゾッとしますよね?(笑)私がスタッドレスタイヤに選んだタイヤは扁平率を65まであげています。

タイヤ交換はセルフ派?それとも取り付けてもらう派?

新型コペンのタイヤ交換費用

あなたは、タイヤ交換はご自身でされるセルフ派ですか? それとも、ディーラーやガソリンスタンドに持ち込んで取り付けてもらう派ですか?

タイヤ交換自体は30分もあれば4本とも交換できますし、タイヤ交換が女性1人でも簡単にスムーズにできる道具がカー用品店やネット通販で購入できるので、もし「タイヤ交換にお金を払うのがもったいないな〜」と感じる方は、是非セルフタイヤ交換にチャレンジしてみてください。

まだ免許を取り立てくらいのコペンオーナー様用に、コペンのタイヤ交換のやり方と、タイヤ交換が楽になるおすすめ道具を画像付きで紹介した記事があるので、そちらを参考にしてください。>> コペンローブSを14インチスタッドレスタイヤに交換! タイヤ交換のやり方、手順【画像】

コペンのタイヤ交換費用はいくら?

自分でタイヤ交換をすれば、もちろんタイヤ交換費用は0円なのですが、ディーラーやガソリンスタンドに持ち込みでタイヤ交換をしてもらうと、工賃、技術料が必要になってきます。(それも、タイヤ交換という作業でのコスパを考えると、少し高いです)

タイヤ交換の費用は、業者によってばらばらですが、脱着(=サマータイヤとスタッドレスタイヤを交換するだけ)であれば1本1000円〜1500円くらいが相場です。 参考までに、私がいつも利用しているディーラーでは、タイヤ交換1本1500円の技術料が必要です。

1本1500円と考えると4本で6000円。また春になるとタイヤ交換をするので、6000円✕2回=12000円と、タイヤ交換で年間1万2000円の経費がかかるわけです。私の場合、タイヤ交換という、すぐできる簡単な作業でこれだけの経費がかかると、割高感を感じてしましますね。

タイヤ交換費用を安くするなら?

新型コペンのタイヤ交換費用

タイヤ交換には、それなりのお金がかかりますが、それでも、

  • 自分でタイヤ交換するのは不安
  • タイヤ交換は面倒くさいから、お金を払ってでもやってもらいたい

って方もいらっしゃいますよね?

そういった方には、WEBサービスをうまく活用すれば、タイヤ交換費用を安くしてもらえる整備工場を比較して検索することができますよ。タイヤ交換を安くできる整備工場を検索できるWEBサービスですが、あなたがすでに交換用のタイヤを持っているか、まだ交換用のタイヤを持っていない(これから購入する)かどうかで変わってきます。

すでに交換用のタイヤを持っている場合

すでに、あなたが交換用のタイヤを持っている場合は、GooPitというWEBサービスを利用すれば簡単に安くタイヤ交換をしてくれる小整備工場をスマホからでも検索することができます。
>>  【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

グーピットの簡単な仕組みとしては、あなたのお住まいの地域(市町村単位)でタイヤ交換をしてくれる整備工場が一覧リスト形式で表示され、その中から、あなたがタイヤ交換を依頼したい整備工場を選択して連絡を取り合ったあと、タイヤを持ち込んで交換してもらう流れになります。

タイヤ交換費用の安い整備工場を簡単に探せる「グーピット」の詳しい使い方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。
>> 新型コペンのパーツ取り付け、塗装、タイヤ交換が安い店舗はどこ?2

ちなみに、グーピットでは、タイヤ交換だけでなく、カー用品店で買ったようなパーツや、エンジンオイル交換、車検など、車の整備関連のことなら何でも依頼可能です。コペンをカスタマイズしたい方には嬉しいSir.ビスですね!

まだ交換用のタイヤを持っていない場合

まだ交換用のスタッドレスタイヤを持っていなくて、今から冬用タイヤを購入して取り付けてもらおう、と考えている方は、アマゾン(Amazon)のタイヤ交換サービスがおすすめです。

アマゾンは、通販サイトのあのアマゾンです。

「え?アマゾンでもタイヤ交換サービスをやっているの?」

と、まだアマゾンの便利で安いタイヤ交換サービスをご存じない方は驚くかもしれませんが、

アマゾンでは、「アマゾンでタイヤを購入した方限定」で、提携する取り付け整備工場にて、割安にタイヤ交換をしてもらえるのです。

また、アマゾンでタイヤを購入すると、タイヤを予約した取り付け工場まで直送してくれるので楽で便利。あなたが重たいタイヤを4本トランクに積んで、取り付け整備工場まで運ぶ必要がありません。

※意外かもしれませんが、コペンは実は1台でタイヤ4本運ぶことができます。トランクの中に3本。助手席に1本という形で。ただ、積み方にコツがあるので、詳しくはこちらの記事で実際の画像付きで紹介しています。
>> 新型コペンはトランクに16インチタイヤも積める!上手な積み方【画像あり】

ちなみに、アマゾンでタイヤを購入して提携取り付け先を選択する時は、ガソリンスタンドの「宇佐美」を選ぶと最安値でタイヤ交換をしてもらえると思います。ネットの評判でも、「アマゾンでタイヤを購入+取り付けは宇佐美=最安値」という方程式が定着しているようです。

アマゾン取り付けサービスの使い方も詳しくは別記事で紹介します!

タイヤの選び方がわからない

「コペンのスタッドレスタイヤを14インチにしたいけど、どのタイヤとホイールを選んでいいのか分からない」

という方は、私が実際にコペンローブSの冬用スタッドレスタイヤを14インチにした時の体験記を紹介しますので、タイヤ、ホイールのサイズ、選び方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

まとめ

コペンのタイヤ交換は、自分で交換するのが1番安上がりなのですが、「整備工場に取り付けてもらいたい」という方むけに、WEBサービスを使った、タイヤ交換費用を安くするおすすめ整備工場の探し方を紹介しました。

いかがでしたか?

最近は、「自分がこんなサービスないかな?」と思ったサービスは、スマホで検索すればたいていのサービスが見つかります。

基本的に、カー用品取り付けなど、持ち込みパーツを整備工場に依頼すると、責任の所在が曖昧になるので、整備工場から嫌がられることも多いのですが、グーピットのような、「持ち込みパーツを取り付けます」ということが前提になっているようなサービスは、こちらも気兼ねなく依頼できるので安心です。

コペンはパーツを取り付けてカスタムを楽しんでいるコペンオーナー様も多いと思いますので、「このパーツどこで取り付けてもらおうかな?」と迷った時には、グーピットで取り付け工場を検索するのが便利ですよ。

sponsored link