タイヤを安く買うには?ネット通販で「タイヤだけ」を購入する時の注意点

オープンカー コペンをレンタカーで借りる時の注意点

タイヤを安く買うには、ネット通販を使うと、スマホから簡単に価格比較ができるので便利ですが、「タイヤだけ単品」でネットで購入する場合には、いくつか注意点があります。

ちなみに、タイヤというのは、一般的に下の画像のような「ホイールが付いた状態」でもタイヤと呼ばれますが、

「タイヤだけ」というのは、下の画像のような、ゴムの部分だけを交換するという意味です。

ネット通販でタイヤを購入する時によくあるのが、

「ネットに表示されているタイヤの値段は安いけれど、送料や組み込み費用などを含めたら、総額が高い」

ということ。

sponsored link


「タイヤだけ単品」で購入する時は、「総額」が大切

新型コペンローブS(mt)の中古車購入

工賃

タイヤは、タイヤとホイールが組み合わさって、初めて車に取り付けることができます。

タイヤだけ(=ゴムだけ)では、車を走らせることができませんよね?

タイヤホイールセットであれば、ネット通販でタイヤホイールセットを注文して、商品が届けば、自分でタイヤに取り付けて、そのまま車を走らせることができますが、パンクやスリップサインが出て寿命を迎えたタイヤを交換する時のように「タイヤだけ」購入する場合は、タイヤを業者に依頼してホイールに装着してもらわないといけません。(組み込み・組み換え)

その時に発生するのが、工賃。

  • タイヤ組み込み・組み換え費用
  • ホイールバランス
  • 廃タイヤ(タイヤ処分料)
  • バルブ交換
  • タイヤ脱着

これらは、専用の機械(タイヤチェンジャー)等が必要なので、業者に依頼するのが安心で傷などの心配も少ないです。(というよりタイヤ組み換えの手間を考えると圧倒的に業者にしてもらったほうがコスパが高いと思う)

送料

そして、もう1つネットで「タイヤだけ」を単品で購入する場合に忘れてはいけないのが「送料」です。

送料は、店舗によって違います。

  • タイヤ1本からでも送料無料
  • タイヤ4本セットなら送料無料
  • 4本セットでもタイヤのみなら1本あたり送料が必要

など、送料システムはお店によってまちまち。(ただタイヤホイールセットを購入するなら送料無料になる店舗は結構多いです)

まとめると、ネット通販で「タイヤだけ」を単品で購入する場合には

  • タイヤ本体価格
  • タイヤ取り付け工賃
  • 送料

この3つの料金の「総額」を頭に入れて購入する必要があるということ。また、ネットでタイヤを購入する前に、タイヤの取り付け店舗を先に見つけておくことが大事です。

タイヤ取り付け店舗はどうやって探す?

コペンが欲しいけど乗っている人が少ない

肝心のタイや取り付け店舗の探し方ですが、大きく分けて2つありまして

  • タイヤ購入店の提携取り付け店舗で依頼する
  • 自分で、持ち込み取り付け店舗を探す

の方法があります。

タイヤ購入店の提携取付店舗

最近では、タイヤを通販で購入すると

「私のところでタイヤを購入してくれたら、タイヤ取り付けを安くできる提携取り付け店舗がありますよ」

というサービスを展開しているタイヤ通販サイトがあります。

具体的には、タイヤ通販で人気のあるアマゾンやオートウェイですね。

自分で取り付け店舗を探す

普段から、お世話になっている車の整備工場、ディーラーや、ガソリンスタンドで取り付けてもらう他、徹底的に取り付け費用を安くしたいと考えている方にも、ネットから複数のタイヤ取付業者に相見積もりを取り、その中で一番安い店舗を探すことができるサービスもあります。

具体的にはこちらの記事を参考にしてください。
>> 新型コペンのパーツ取り付け、塗装、タイヤ交換が安い店舗はどこ?

タイヤを安く購入するには?

タイヤは1本あたりの値段が高く4本揃えるとなると、ブランドにもよりますが、数万円の買い物なので、できるだけ安く購入できれば嬉しいですよね?

こちらの記事では、タイヤを安く購入できるおすすめタイヤ通販サイトと、それぞれのサイトの特徴を比較してまとめているので、よろしければ参考にしてください。
>> コペンの夏用タイヤホイールセット購入のおすすめネット通販店舗を比較

まとめ

急なタイヤのパンクや、長年走行して寿命を迎えたタイヤを交換する際に、「タイヤだけ」購入する場合の注意点をまとめました。

いかがでしたか?

タイヤをネット通販で購入する時は、

  • タイヤ本体価格
  • 送料
  • 取り付け工賃

この3つを含めた総額で安いのか高いのか判断することが、タイヤ購入で失敗しないためのコツです。

sponsored link