新型コペンのタイヤサイズ変更 14インチ、15インチにインチダウンするには?

新型コペンのタイヤサイズ変更

新型コペン(ローブ、セロ、エクスプレイ)のタイヤサイズを変更したいと考えていらっしゃる方は多いと思います。

新型コペンのタイヤサイズ変更のよくある理由としては

  • 冬用のスタッドレスタイヤのために14インチ(=タイヤが安いから)にインチダウン
  • 新型コペンの乗り心地改善のためにインチダウンをしてタイヤの扁平率を高くする

この2つの理由が多いと思います。

特に新型コペンの純正16インチタイヤは、165/50R16 75Vのブリヂストン・ポテンザ。

新型コペン14インチ タイヤサイズ

新型コペンの「スポーティーなオープン軽自動車」というコンセプトどおり、純正タイヤもスポーティーな走りを目指した、扁平率50%のタイヤが装備されています。

コペンの乗り心地は少し硬めで「ゴツゴツしている」という感じですよね?

私は、逆にこのゴツゴツした乗り心地がスポーティーで好きなのですが、単純に買い物など街乗りでコペンを楽しむには、やや乗り心地に不満を感じる方もいらっしゃると思います。

新型コペンの乗り心地が硬い原因の1つとして、純正で扁平率が50%のスポーティータイヤをはいていることがあげられます。実際、私も冬用にコペンローブSのタイヤサイズを14インチにインチダウン(165/65R14 91Q ダンロップ・ウィンターマックス01)に変更しましたが、乗り心地は、やわらかく、普通自動車のコンパクトカーを乗っている感じと同じ乗り心地まで改善できています。

また、他のコペンオーナー様でも、扁平率を50(純正16インチ)→55(15インチ)に変更しただけでも、乗り心地がだいぶ改善したという報告があるので、コペンの乗り心地をよくするには、14インチや15インチにタイヤホイールサイズを変更するのがコスパの高い手段だと思います。

sponsored link


新型コペンのタイヤサイズ変更は不安?

私のコペンローブSに14インチスタッドレスタイヤをはかせた画像

さて、タイヤサイズを14インチや、15インチにインチダウンしたいけれど、その時に問題になってくるのが

  • 14インチ、15インチのタイヤサイズが分からない
  • 14インチや15インチにタイヤサイズを変更した時に、キャリパーに干渉して、ブレーキに影響がでないか

ということだと思います。

ちなみに、私が冬用のスタッドレスタイヤとしてコペンローブSにはいているタイヤの大きさは14インチですが、キャリパー干渉や、運転中に異音が出るなどの問題はなく、快適に運転を楽しめています。

また、私もコペンローブSのタイヤサイズを14インチに変更する時に、「インチダウンしてキャリパー干渉しないか」ということが気になったので、コペンのインチダウンについてネットで検索していたのですが、「京都のダイハツディーラー」のホームページで、「新型コペンに14インチ、15インチのタイヤに変更しても問題ないか検証する」という内容の記事が公開されていて、14インチ、15インチとも問題なく適合していました。

新型コペン(la400k)のインチダウン適合タイヤサイズ

新型コペンのタイヤサイズ変更

京都のダイハツディーラーさんでテストされたタイヤサイズは

14インチ

14×4.5J インセット45 PCD100 155/65R14

※私の現在はいているタイヤサイズは「14✕4.5J インセット45 PCD100 165/65R14」なので、このタイヤサイズでも適合します。

15インチ

15×4.5J インセット45 PCD100 165/55R15

ということなので、新型コペンで乗り心地改善や、冬用スタッドレスタイヤのインチダウンを考えていらっしゃる方は、タイヤを選ぶ際の参考にしてくださいね。

ちなみに新型コペンの純正タイヤサイズは「16×4.5J インセット45 165/50R16」。このタイヤサイズは、新型コペン(セロ、ローブ、エクスプレイ、Sグレード)共通です。

タイヤサイズの変更で不安な方は、こちらのお店ではコペンに適合するタイヤサイズを調べて事前に教えてくれます。
>>  Eタイヤショップ

sponsored link