新型コペンは試乗だけでは分からない。納車されて2ヶ月経過した今の運転感の違い

新型コペンローブS試乗

新型コペンが納車されて2ヶ月ちょっと、走行距離にして3000kmほど走りました。

2ヶ月にして3000kmは、ややハイペースですね。

納車されてまだ間もないこともあってか、天気のいい日には1日300km〜単位のドライブをしているので、自分でも予想以上に距離走っているなぁ、という印象。というのも、コペンは運転が楽しいので、運転席に乗り込んでドライブを始めると、なかなか家に帰りたくなく、ついつい寄り道してしまうのです。

さて、これから新型、旧型問わず、ダイハツ・コペンの購入を検討されていて、試乗をすでにした、もしくはこれからディーラーでコペンの試乗をされようとしている方もいらっしゃると思います。

sponsored link


試乗だけではコペンの魅力は半分も分からない

新型コペンローブS試乗

私も今から2ヶ月前、新型コペンが気になっていたので、ダイハツディーラーに足を運んでコペンの試乗をしました。試乗をしてから約2週間後に契約をしたわけですが、コペンに初めて試乗した時のことを思い返しますと、

「試乗をしただけでは、コペンの魅力って10分の1くらいしか分からなかったな」

ということですね。

というのも、試乗ではやはり

  • 限られた時間(私の場合は約20分)
  • 指定されたコース
  • 初めて運転する車で、隣にディーラーの方が乗っているという緊張感

この3つの要素が絡まって、とりあえず車を走らせて、乗り心地を確かめてみて、「あ〜コペンってこんな感じなんだ〜」程度のことしかわかりませんでした。これって、コペン以外に試乗しても、たいてい同じ感想になるのではないかと思います。

コペンを試乗した時のインパクトとして印象に残っているのは

  • アイポイントが低い(運転席からの目線が低い)
  • 車内が狭い
  • とりあえず乗り心地はゴツゴツしている

この3つでしたね。

たとえば下の動画をご覧ください。

新型コペン開発チームのチーフエンジニアを務められた、藤下チーフエンジニアが、実際に新型コペンを運転しながら、コペンの走行性能、魅力、コンセプトを解説してくださるというイベントの動画です。

この動画の中で藤下氏は

  • ハンドルを切った時の接地感(リアタイヤのねばり)
  • 剛性感
  • オープンエアードライブの楽しさ

を盛んに強調されていますが、私の場合、新型コペンローブSが納車されて3000km、街乗り、海岸沿い、ワインディングなど、様々な条件の道路を、少しスポーティーな走り方をしてみた今だからこそ理解できる言葉です。まさに、藤下チーフエンジニアが動画の中で強調されているお話そのままがコペンの楽しさです。

特に、私も当ブログでコペンのコーナリング性能の優秀さについて記事にしていますが
>> コペンローブSのカーブ性能をレビュー評価! 軽自動車なのに遠心力なく曲がれる?!

このコーナリング性能は、平坦な一般道を走るだけの試乗ではちょっとよく分かりませんでした。この部分がコペンの本質であるにも関わらず。

  • 多少スピードを残したままでもワインディングをスイスイ駆け抜けられる
  • しかも、レカロシートががっちり体をホールドしてくれて、運転姿勢がぶれない

この安心感は、スポーティーな走りを楽しむ上でなにものにも代えがたいです。むしろ、オープンというよりも、この性能があるからコペンの運転が楽しく感じるとも思います。単純に「オープンになる車」というだけであれば、私はここまでコペンにはまっていなかったでしょう。

できたらレンタカーでコペンを

新型コペンローブS試乗

以前、コペンをレンタカーでレンタルできるところはあるのか検索してみましたが、レンタルしているところはあるものの、やはり地域はかなり限られていました。

もし、あなたがお住まいの地域でコペンをレンタルできるレンタカーがあるのであれば、試乗だけでなく、レンタカーで好きなようにコペンを走らせてみると、試乗では見逃していた新型コペンの魅力を発見できて、更に納得してコペンを購入できるのではないかと思います。

まとめ

新型コペンローブS(mt)が納車されて、実際に2ヶ月3000km走ってみての、購入前に新型コペンを試乗した時との乗り味、運転感の違いを比較してみました。

3000kmは、車種特有の運転に慣れるには十分な距離だとは思いますが、コペンの場合、ドライビングポジションの試行錯誤や、ルーフオープン、ヒートシーターの使い方などのコペン特有の操作がようやく体に染みこんで、これからが、純粋にコペンライフを楽しめるといった感じです。

こちらの記事でも書きましたが、
>> コペンはドライビングポジションとアイポイントの低さを追求すると更に楽しくなる

コペンは新しい発見の連続ですね。本当に末永く付き合えそうな楽しい車です。

sponsored link