新型コペンローブSの長距離運転の疲労感は?8時間350kmドライブの感想

コペンローブSで長距離運転の疲労感は?

新型コペンは

  • 運転席が狭い
  • シート(座席)が硬いから乗り心地が悪い

「だから長距離運転も疲れそう」

と先入観を持っていらっしゃる方も多いようです。

たしかに、コペンで旅行や遠出、ドライブを楽しみたいと考えている方にとっては、長距離走行することを前提にコペンを購入を考えていらっしゃると思うので、コペンを長距離運転した時の疲労具合が気になりますよね?

ちなみに、2017年12月4日(日)は、福井県は天気が快晴だったので、私のコペンローブS(mt)をルーフオープンにして、海岸線沿いの長距離ドライブを楽しみました。最近、天気がぐずつくことが多かったので、納車後まともにコペンでドライブをしたことがなく、少し不満がたまっていたので、ほぼ丸1日を、コペンローブSでのオープンカー長距離ドライブを計画。

途中でコンビニに寄りながら、トータルで走行時間8時間、距離にして350km弱のコペンドライブ。ちなみに最初は、ここまで走るつもりはなかったのですが、コペンローブS(mt)の運転席に座ると、ついつい「もう少しもう少し」と思ってしまって、気づいたら予定より50kmも多めに走っているということもまれにあるんです。

それくらいコペンローブSでのドライブは楽しい。

さて、ほぼ休憩時間なしでの8時間ドライブ。 その感想や疲労感などをレビューしたいと思います。

sponsored link


ドライブした場所

コペンローブsでドライブした場所は、福井県の海岸線沿いです。

福井県の三国から、敦賀、美浜町までの海岸線沿いを南北横断しました。福井県の海といえば、越前海岸、三国サンセットビーチ、国定公園にもなっている美浜町の「水晶浜」、デートドライブにも最適な河野村の「しおかぜライン」など、オープンカーのコペンで走るには最高のドライブコースです。

これらのコースを1日かけて制覇してきました。

 

コペン 長距離ドライブの疲労感や感想

コペンローブSで長距離運転の疲労感は?

肉体的疲労感は普通の車と同じ

午前11時頃に家を出発して、家に帰ってきたのは午後7時、トータル8時間のコペンドライブを楽しんだわけですが、疲労感は、普通の車で長距離運転した時と同じです。

私の場合、元々車の運転が好きですし、東京まで約13時間ぶっ続けで車を運転しても、そこまで疲労を感じないタイプなので、参考になるかどうかは分かりませんが、ドライブ中や終了後の疲労感は、普通の車と変わりません。途中で腰が痛くなってくるといったこともなかったですね。

運転が好きな方であれば、疲労に関する問題はないといってもいいでしょう。

また、私の乗っているコペンローブSは、クッション性のあるレカロシートが標準装備されているので、シートの効果もあるかもしれません。レカロシートは、低反発枕のような感じで、かたすぎず、柔らかすぎず、体をすっぽり包んでくれて、カーブなどで体がぶれたり、シートから体がずれることがなく安定したドライブを楽しめます。

心理的解放感

ルーフをオープンにできるコペンは、心理的解放感が、ルーフ付きの車と比較するとまったく異なります。

快晴の中、海を横目に、ルーフオープンで走行できる環境は、コペンを購入前に想像していた以上に最高でした。浜風特有の香り、ガラス窓1枚を挟まずに見えるクリアな海は、ルーフつきの車では体験しがたいオープンカーの特権だと思います。

ガラス窓があるのとないのとでは、これは海だけでなく、夜景を見る時でもクリアさが全然違うんですよ。

ちょっと不便なこと

オープンカーで長距離ドライブをする時に、途中でトイレがしたくなったり、飲み物が欲しくなったりしてコンビニに寄りますよね?

駐車場に車を止めたり、コンビニから車に戻って再出発する時に、ルーフを開け閉めするのが微妙に面倒くさく感じます。コペンをオープンで走らせている時に不便に感じることはここですね。

ちょっとコーヒーが欲しくなった時でも、コンビニに車を止めて、ルーフを開け閉めしないといけない。コンビニコーヒーもドライブするーできるようになったらいいのにな、とコペンを乗っていて思います。

ドライブ風景を撮影しました

新型コペンローブS 納車期間

以前、購入した「YIドライブレコーダー」を使って、今回の福井県海岸線ドライブを撮影しました。

ドライブレコーダーは、事故の物証に使える以外にも、ドライブ風景を撮影するためにも使えます。私は、どちらかというとコペンのドライブ風景を記録するためにドラレコを購入したのですが、早速、その目的のために使う日がきました。

また、YIドライブレコーダーは、カメラの向きや角度をクルクル変えられるので、特に風景を強調して撮影したい場合には相性のいいドライブレコーダーなんです。

コペンローブSで、海沿いをドライブした時の様子は、ドラレコから映像を取り込んで、動画編集してユーチューブにアップロードしたので、よろしければご覧ください。また、当ブログの「コペン旅」カテゴリーでも紹介しています。
>> コペンローブSで撮影した車載動画一覧

sponsored link