コペンローブSはシートヒーター付きレカロシート標準搭載の軽自動車です!

コペン・ローブS MTレカロシート

私の乗っているコペンローブSは、シートヒーターが付いているレカロシートが標準搭載の軽自動車です。

新型コペンにはローブ、ローブS、セロ、セロSといったように、標準タイプとSタイプの2種類があります。

Sタイプのコペンには

  • シートヒーター付きレカロシート
  • ビルシュタイン・ショックアブソーバー
  • MOMOステアリング(ハンドル)

が標準搭載されています。

標準タイプに比べてより、スポーティーな走りが可能なSタイプコペンについて詳しくはこちら
>> 新型コペン・ローブS(MT)のスペック クーぺガブリオレの日本軽自動車!【画像】

ちなみに、ローブ、セロとも、標準タイプとSタイプでは、装備がよりスポーティーなSタイプの方が車体価格は20万円高い設定になっていますが、プラス20万円で、スポーティードライブの臨場感を楽しめるなら安い買い物です。

この20万円は、装備代ではなくて、スポーティードライブを楽しむための体験料。

私は、試乗の際に、標準タイプのローブとSタイプローブ(いずれも5速マニュアルMT)の両方を乗り比べしましたが、シートやハンドルが違うだけで、わくわくしましたね。それは運転してる最中だけでなく、運転席のドアを開けた瞬間から。

あのクッション性のあるホールド感が体験できるのはレカロシートだけです。

ちなみに、シートヒーターが付いているレカロシートを市販で購入するといくらするかご存知ですか?

sponsored link


シートヒーター付きレカロシートの値段

レカロ製品の日本正規代理店で、シートヒーターの付いているレカロシートの値段を調べてみると

税込み約20万円です(1シート)
>>  【正規代理店】 RECARO / シートヒーター付きレカロシート Sportster AN100H

2シート揃えようと思うと、40万円以上かかってしまうことに。もちろん、レカロシートもピンキリなので、一概にコペンSタイプに標準装備のレカロシートと比較はできないのですが、それでも、標準タイプと20万円しか違わない価格で、ヒートシーターが付いているレカロシートが手に入るのは魅力的ですよね?

それも1シートではなく、運転席、助手席の2シートともにです。

シートヒーター付きレカロシートの感想は?

もちろん最高です。

シートヒーターが付いていなければ、冬にルーフオープンでドライブなんてできませんからね。背中やお尻がじわじわと温まってくる、あの感覚が好きです。まるで、体に電気毛布を巻いているような心地いい気分になります。

「レカロシートが温かくなってきたな」

と感じるまでの時間は、ヒートシータースイッチを押してから、およそ1分後です。立ち上がりが早いので、すぐ温まりたい時でも便利。

また、レカロシート特有のクッション性のある素材が、暖かさを倍増してくれて、もしレカロシートのようなベッドがあったら快眠間違いないだろうなと思っています。

ちなみに、レカロ社の話によると、レカロシートのシートヒーターの目的は、暖房目的よりも、冬などの寒い時に、ヒートシーターで腰を温めて、血行をよくさせることで、腰痛防止させるのが本来の目的のようですね。

まとめ

シートヒーター付きレカロシートが標準装備のコペンSタイプ。

レカロシートが標準搭載されているだけでもスポーティーな走りの臨場感が高まりますが、シートヒーターが付いていることで、冬でもルーフオープンドライブが楽しめます。コペンは軽自動車らしくない軽自動車です。

sponsored link