汎用アルミペダルカバーセット(mt)の軽自動車への取り付け方法【画像】

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

前回、軽自動車のコペンローブS(mt)の純正ペダルカバー(ゴム製)を、通販で購入した汎用アルミペダルカバーセット(mt用)に取り付けました。

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

足元なので、外見上はあまり目立つ部分ではありませんが、やはりアルミペダルというのはスポーティーな印象があって、運転している際の「気分の高揚感」が感じられ、視覚効果に加えて、心理的効果も体感できて、交換してよかったなと思っています。

さて、今回の記事は、通販で購入したアルミペダルカバーセット(mt用)を軽自動車のコペンローブS(mt)に取り付けるまでの手順と流れです。

正直、今回取り付けたアルミカバーペダルは、汎用ではあるものの、「軽自動車用」とは記載されていなかったので、軽自動車のコペンでもサイズが適合するかどうか心配でしたが、少し取り付けに時間を要したものの、無事取り付けることができました。

sponsored link


アルミペダルカバーセット取り付け方法

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

今回通販で購入したのは「type-R」という汎用アルミペダルカバーセット(mt用)です。

購入の決め手は、約1600円というコスパと、サイズの小さい軽自動車のアクセルペダルを少し大きく見栄えのいい縦長のペダルに交換してみたいと考えたから。あえて軽自動車専用のものを選びませんでした。

アクセルペダル

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

クラッチ、ブレーキペダル

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

ペダルの裏側は黒い樹脂パーツになっています。

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

横から見たペダル

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

購入した時のイメージと違っていたのは、この横から見た黒い突起のデザインが、すっかりアルミペダルに埋め込まれている平面デザインだと勘違いしていたこと。この突起部分の素材はプラスチックです。1600円なので値段相応の造りです。

コペンローブS(mt)の純正ペダル

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

アルミペダルの取付方法では、

「純正のペダルにそのまま取り付けすることができます」

と書かれていましたが、実際に取り付けてみた所、サイズの問題(ネジの位置)があり、ブレーキとクラッチペダルのゴムカバーを取り外さないと、アルミペダルカバーを取り付けすることができませんでした。写真の真ん中のブレーキペダルが、ゴムカバーを取り外した状態です。

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

純正ペダルのゴムカバーは、ペダルの下に手を入れて、カバー(ゴム部分)と金属部分の境目を引っ張れば、少し力が必要ですが、取り外すことができます。(構造は、金属の上にゴムをかぶせてあるだけ)

早速、通販で購入したアルミペダルカバーセットを装着してみたいと思います。

付属の留具類です。

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

まず、ペダルの穴に付属のネジを通します。

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

裏を向けて、留具→六角ナットの順で装着。(六角ナットは、とりあえず浅くネジから外れない程度の仮付け程度でOK)

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

横から見ると下の画像のような形になります。

汎用アルミペダルカバーセット(mt)を軽自動車に取り付け

あとは、各ペダルに下準備したアルミペダルカバーを合わせて、位置が決まったら、プラスドライバーで締めて固定するだけです。

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

最近の軽自動車は車内空間が広いので分かりませんが、私のコペンローブS(mt)の場合は、足元がとにかく狭く窮屈で、アルミペダルカバーセットを取り付け(特にネジしめ)では、体制が仰向けになるなど、終始アクロバティックな姿勢での取り付けでした。

私は14年間の車歴の中で、アルミペダルカバーを取り付けた経験は今回が初めてだったので、要領がよく分からなかったのもあって、取り付けには約1時間近くかかってしまいました。ただ、過去にアルミペダルカバー交換の経験がある方であれば、作業時間としては30分以内で取り付けできるのではないかと思います。

助手席から見た交換後のペダル

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

運転席側から

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

ペダルはドレスアップとしてはあまり目立つものではないですが、足元にメッキパーツがあるだけで、車内がだいぶ引き締まりますね。

今回、純正のアルミペダルカバーを交換したのは、ドレスアップの目的もありますが、副次的で実用的な効果として、軽自動車の小さいペダルを少し大きめのペダルに換装することで、ブレーキ、クラッチ、アクセルなど足元の操作が以前よりしやすくなったと感じました。

今回交換した汎用アルミペダルカバーセット(mt用)はこちらです。
>>  ★大人気★汎用アルミペダルセット(MT用)type3

sponsored link