新型コペンの電動ルーフ開閉は遅い?世界のオープンカー開閉時間比較

コペン・ローブS MTのスペック

コペンは軽自動車でおそらく日本初?電動自動開閉式のアクティブトップルーフシステムを採用したオープンカーです。

しかも、コペンは「ハードトップルーフ」という、ボディーと似た質感の素材を使用していて、ソフトトップ(繊維幌タイプ)のオープンカーと比較すると、防犯性や遮音性に優れています。

私がコペンローブSを購入した理由の1つとして、

  • コペンはハードトップルーフ
  • 電動自動開閉式のルーフ

ということがあります。他にもコペンを購入するに至った理由はいくつかあるので、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>> コペン・ローブS(MT)とS660を比較してコペンを選んだ理由

さて、電動自動開閉式でスイッチ1つでルーフを自動開閉できる魅力的なコペンですが、その反面、コペンオーナー様の中では「ルーフの開閉時間が遅い」といった不満もあるようです。

コペンのルーフ開閉は、およそ20秒程度で完了します。

このルーフ開閉の動作が遅いと、どんな時に困るかというと

  • 急に雨が降ってきて、ルーフを閉めたいけれど、時間がかかると濡れてしまう
  • 信号待ちでルーフを閉めようと思っても、ルーフ開閉が遅いと、信号が変わってしまう

といったデメリットがあります。

特に、コペンの場合、「完全に停車した状態」でないと、ルーフ開閉ができないので、もし、信号待ちで、ルーフ開閉しようと思った時に、ルーフ開閉途中で信号が変わってしまうと、ルーフ開閉途中の状態のままで走行しないといけないのです。(私もコペンを購入して間もない頃、1度経験したことがありますが、非常に格好悪いです)

そのため、コペンの「完全に停車しないとルーフ開閉ができない」というデメリットを改善するために、時速30km以内であれば、走行中でもルーフ開閉ができる「車速キャンセラー」という社外製パーツが販売されています。
>> LA400Kコペン ルーフを走行中にオープンにする方法 車速キャンセラーキットとは?

ところで、「ルーフ開閉時間が遅い!」と言われるコペンですが、アウディ、MINI、フェラーリ、メルセデス・ベンツなど、世界のオープンカーのルーフ開閉時間はどれくらいなのか気になりませんか?

私も、世界のオープンカーがルーフ開閉にどれくらい時間がかかるのか気になったので調べてみました。

sponsored link


世界のオープンカーのルーフ開閉時間

車種 メーカー ルーフ開閉時間
ロードスターRF マツダ 13秒
コペン ダイハツ 20秒
MINIコンバーチブル MINI 15秒
TTロードスター Audi 10秒
Z4 BMW 18秒
488スパイダー フェラーリ 14秒
ベンツSLK メルセデス・ベンツ 20秒
ボクスター ポルシェ 13秒

いかがですか?

日本が誇るスポーツカー マツダのロードスターRFはルーフ開閉時間が13秒と、世界でもトップクラスの開閉時間の速さを誇っています。ちなみに新型のマツダ・ロードスターRFは2016年「日本カーオブザイヤー」と「ワールドカーオブザイヤー」のW受賞で、日本だけでなく、海外でも人気のあるスポーツカー。

1番ルーフ開閉が速いのは、Audi TTロードスター

アウディのTTロードスターは、開閉時間が10秒と最速です。

実際の動画を見ても、ルーフ開閉はとてもスムーズですよね?コペンだと「ウィ〜〜〜〜ン」というイメージですが、TTロードスターは「シュー」という感じです。

ちなみに、コペンの場合は、完全に停車した状態でないとルーフ開閉が作動しないのですが、TTロードスターは時速50km以内であれば、走行中でもルーフ開閉できるので、かなり実用的と言えます。

コペンのルーフ開閉は遅いけど、そこまででもない

コペンだけを見るとルーフ開閉は遅いように見えますが、世界のオープンカーと比較しても、ポルシェやアウディ、マツダロードスターは別格として、そこまで極端に遅くはないようです。(平均より少し遅いくらい)

ただ、信号待ちでルーフを開閉しようと思うと、ルーフ開閉の「たった5秒の差」が意外と大きな差であったりすることも事実。

まとめ

コペンのルーフ開閉時間と、世界の名だたるメーカーのオープンカーのルーフ開閉時間を比較してみました。

いかがでしたか?

たしかに、「もうちょっとルーフ開閉が速くなったらな〜」と思うことはありますが、軽自動車で自動電動ルーフ開閉式オープンカーにチャレンジしたダイハツさんに私は敬意を払いたいと思います。コペンのような面白い車はなかなかないです。

sponsored link