オープンカー(ハードトップ)のお手入れ方法まとめ【洗車・コーティング・ゴム劣化対策】

コペンローブS(mt)はハードトップルーフ(樹脂製)のオープンカーです。

オープンカーには、ハードトップルーフ以外にもソフトトップルーフがあり、国産で最もメジャーで歴史のあるソフトトップオープンカーといえば、マツダロードスターでしょう。またマツダロードスターにもNCロードスター(RHT)や、ロードスターRFのようにハードトップを採用しているグレードもありますね。

さて、今回はオープンカーのお手入れ方法について記事を書きたいと思います。

車のお手入れには

  • 洗車
  • コーティング(or ワックス)
  • ゴム劣化対策

などがありますが、洗車やコーティングについては、オープンカー以外の屋根付きの車でも一般的ですね。ただオープンカーになりますと、特に屋根の開閉部にゴムパーツが豊富に使用されているので、「ゴム劣化対策」を意識することが大切になってきます。

ここが、屋根付きの一般的な車のお手入れと大きく違うところだと思います。

ゴム劣化対策を油断していると、紫外線を受けることによる経年劣化により、ゴムがひび割れたり、ゴム本来の弾力性、機能性が失われ、

  • 雨の日に雨漏りがしてくる
  • 屋根を閉めて走行中に、「ミシミシ」ときしむ異音がする

などの弊害がでてきます。

物質である以上、経年劣化を完全に食い止めることはできませんが、新車の状態からお手入れを意識し、少しでも各パーツの寿命を伸ばすといったことが必要になってくるのではないでしょうか。

オープンカーでも、ハードトップとソフトトップではお手入れの方法も違ってくると思いますので、ソフトトップルーフのお手入れについてはロードスターオーナー様にお任せするとして、普段私が行っている、ハードトップルーフのオープンカー(コペンローブS)の

  • 洗車
  • コーティング
  • ゴム劣化対策

のお手入れ方法について記事をまとめました。

sponsored link


オープンカー(ハードトップ)のお手入れ方法 ブログ記事まとめ

洗車

>> シュアラスター カーシャンプー1000の使い方動画と評価【泡立ちいい】

コーティング

>> シュアラスター 親水ゼロウォーターの使い方のコツと評価【動画】

私が普段愛用している洗車・コーティング用品は「シュアラスター」ブランドのものです。

「洗車が趣味」になるといっても過言ではないくらい洗車→コーティングまでが、

  • 時間がかからない(=早い)
  • 綺麗に仕上がる

ので、一見、面倒くさそうに見える手洗い洗車がとても楽しくできます。

また、私のコペンローブSのボディーカラーは「汚れが1番目立つ黒」で、1週間に1回は洗車(シャンプーをするのは2週間に1回)するくらい頻繁に洗車をしていますが、シャンプーやコーティングをシュアラスターブランドに変えてからは、「早い+綺麗」で、とても満足しています。

シュアラスターの洗車方法については、こちらの記事で実際に「シュアラスターの社員の方」が洗車→コーティングまでを実演している動画をまとめてありますのでご覧ください。
>> シュアラスター 洗車セットと洗車方法、手順まとめ【動画】

ゴム劣化防止対策

>> 車のゴム劣化防止コーティング 紫外線(uv)カットでコペンのゴムパーツを保護

>> ラジエーターホースの寿命を伸ばすゴム劣化防止&艶出しにラバープロテクタント

>> 白化した未塗装樹脂パーツとワイパーに黒い光沢が復活した【ラバープロテクタント】

青空駐車の注意点

>> コペン(オープンカー)を青空駐車するデメリットとは?お手入れの注意点

sponsored link