ディーラーの試乗 免許初心者でも新型コペンを運転できるか?

ディーラーで初心者が運転できる

待望の運転免許を取得して、人生最初の車に「新型コペンが欲しい!」というあなた、いいセンスしてますね。

特に若い時は、自分の好きな車に乗ったほうが、家庭をもつようになってから後悔しなくてすむと思います。家庭を持つと、なかなか自分の好きな車って乗れませんからね。

ルーフオープンで海岸沿いをドライブしたり、県外まで遠出をしてみたり、20代前半までは、時間もたっぷりある時期なので、新型コペンでおもいっきりドライブを楽しんでください。

しかし、新型コペンに乗りたいと思っているあなたには、全力で新型コペンを推したいのですが、新型コペンは運転免許取り立ての初心者にとっては、少しだけ運転が難しい車です。(車の運転歴14年の私でも、安全にはだいぶ気をつかう車です)

自動車学校(教習所)では何の車を乗っていましたか?

私が、免許をとった頃は14年前ですが、日産のブルーバードという車でした。

教習車にコペンを使っているようなお洒落な自動車学校はないと思いますが、コペンの運転席から見える景色は、教習所の車とはだいぶ違って見えます。

まず、座席の高さが低いです。次に、運転席から見える視野が狭いです。さらには、コペンは2シート(座席)なので、右左折時の巻き込み確認が教習所の車より2.5倍くらいしづらいです。

最後の、コペン独特の巻き込み確認のしづらさは、最悪、交通事故に直結しかねない、おそらくコペンに乗っていて1番気をつけないといけない問題でしょう。

要は慣れなのですが、コペン特有の運転の難しさを踏まえた上で、ダイハツディーラーで運転免許取り立ての初心者が新型コペンを試乗させてもらうための手順を紹介。

sponsored link


試乗予約から試乗当日までの流れ

新型コペンの試乗は事前予約が必要

おそらく、車のディーラーに行くのは初めてだと思うので、試乗の予約方法から、試乗当日、試乗するまでの流れを書きます。

1.試乗の事前予約

試乗したい日を最寄りのディーラーに電話をかけて決めます。

試乗は当日いきなりディーラーに行ってもさせてもらえますが、運転免許を取り立ての初心者の場合は、ディーラーが初心者にコペンを運転させてくれるかどうか分かりません。ディーラー(店の方針)次第です。

電話の際には、正直に「運転免許取り立ての初心者ですがコペンを試乗させてもらえますか?」と伝えましょう。

免許取り立ての初心者の試乗でよくあるディーラー対応のパターンは

  • 初心者でも喜んで試乗OK
  • 道幅の広い、運転しやすい大きな道路までスタッフが運転して、そこからあなたが運転
  • ディーラースタッフが、運転をして、あなたは助手席に座る(教習所の逆)
  • 公道を走らず、ディーラーの敷地内のみの運転

ただ、コペンは助手席に乗っているだけでは、なかなか運転の難しさがわからないんですよね。特に巻き込みなんかは、自分で運転するしか感覚が分かりません。 コペンを運転させてもらえたらラッキーです。

2.試乗当日

試乗当日、ディーラーに向かいましょう。

当日の持ち物は

  • 運転免許証
  • 初心者マーク

この2つだけでOKです。

初心者マークですが、新型コペンのボディーは「樹脂(=プラスチック)」なので、初心者マークはおそらく貼り付けられません。試乗の予約をする時に、受付の方に聞いてみてください。もしかしたら、ディーラーが用意してくれるかもしれません。

試乗は無料でできます。

試乗時間は、私の場合はおよそ20分位でした。

3.簡単なアンケートに答える

試乗したあと、簡単なアンケートに記入します。

また、あなたがコペンを購入することを決めているなら、見積もりを出してもらうこともできますよ。当日は、商談など車購入の話はないので、後は家に帰ってから、コペンを購入するかどうかゆっくり決めてください。

初めてのディーラーは緊張する?

車のディーラーは、ご両親が車を購入する時に一緒に行ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、いざ1人で行くとなると緊張しますよね?

車は数百万円する買い物だし、ディーラーに入ったら車を押し売りされるのではないか とか。

イメージがわかないかもしれませんが、ディーラーに一度入ってしまえば、「意外と普通のお店と一緒だな」と感じると思います。一番イメージとして近いのは携帯ショップ。

携帯が車に変わっただけの話と思えば、あまり緊張せずにディーラーに足を運べるでしょう。

まとめ

運転免許取り立ての初心者の方が、ダイハツディーラーで試乗をする時の手順と、コペンの運転の難しいポイントを紹介しました。

いかがでしたか?

コペンは本当に楽しい車なので、免許取り立ての初心者の方にもおすすめの1台です。ただ、その反面、少し運転で気をつけないといけないポイントがあるクセのある車なので、早くコペンの運転に慣れて、自由自在にドライブを楽しんでくださいね。

ちなみに、コペンの試乗する時に特に気をつけて確認したいポイントをチェックリスト形式でまとめた記事があるので、(おそらく試乗当日は、運転をすることでいっぱいいっぱいだと思いますが)、余裕があれば試乗の時の参考にしてください
>> ダイハツディーラーで新型コペンに試乗する時に注意したいポイントまとめ

sponsored link