新型コペンの給油口のフタが開かない場合の解決策

コペン 給油口レバーの開け方

今日、新型コペンローブS(mt)に、いつもどおりいつものガソリンスタンドでガソリンを給油しようと思ったら、「給油口のフタが開かない」というハプニングが起きたので焦りました。

ちなみに、「新型コペンの給油口のフタが開かない」という現象は、新型コペンでは珍しいことでもないようで、「コペン 給油口 開かない」というキーワードでネットで検索してみると、同じく、ガソリンスタンドで給油口が開かないというハプニングに遭遇された方も少なくない様子。(新車、中古関係ないようです)

ちなみに私は、以前シロクマチャンネル(青森のコペンオーナー様)のユーチューブ動画を見ていた時に、ちょうど「給油口が開かない」というテーマについてお話をされていたので、一応、解決策は心得ていました。(動画3:30〜)

もし、この動画をチェックしていなければ、今回、少しテンパッていたかもしれません。給油口が開かなくなるなんて、14年間の運転歴の中で1度もないですから。時間帯も、週末の仕事終わりの18時頃と、ガソリンスタンドも混んでいて、後ろに給油待ちの列ができていましたからね。

シロクマチャンネルさん、ありがとうございます。

sponsored link


コペン 給油口が開かない場合の解決策

コペンの給油口のフタが開かない場合の解決策は簡単です。

コペンの給油口ボタン(レバー)は、シートの間にあるコンソールボックスの中にあります。

コペン 給油口レバーの開け方

コンソールボックスの中の黒いつまみが、コペンの給油口ボタンです。

通常は、このボタンを上に引き上げると給油口のフタが開くようになっています。

コペン 給油口レバーの開け方

もしガソリンスタンドで給油する時に、給油口ボタンを引き上げても給油口のフタが開かない場合は、

「給油口レバーを引き上げながら、給油口のフタとボディーの隙間に爪をひっかけてこじ開ける」

というのが解決法。

給油口のフタがある左側に回って、ルーフをオープンにさせた状態で、片方の手で給油口のレバーを引っ張り、もう片方の手で、給油口のフタを開けるといった感じになります。

ただ、この解決法は、ルーフをオープンにしている時にしかできません。

もしルーフを閉めている時には、

  • ルーフをオープンにする
  • ガソリンスタンドの店員さんに手伝ってもらう

というのがいいでしょう。

ディーラーで修理してもらう

冒頭にも書きましたが、「コペンの給油口が開かない」というトラブルは、コペンでは珍しくないようで、ダイハツディーラーも修理方法は把握している模様。

新車、中古車問わず起こる問題のようなので、給油口が開かなくなったら、ディーラーで修理してもらうのが王道のようです。保証期間のあるうちにディーラーに診てもらおうと思います。(購入後の1ヶ月点検をこの前うけてきたばかりですが(笑))

sponsored link