オープンカー乗りの冬のファッション(服装)は意外と薄着でも温かい

私は基本的に雨や雪が降っている時以外は、冬でもルーフをオープンにしてコペンに乗っていますが、その時に服装を、いろいろテストしていたりします。

具体的には、

「どこまでの薄着なら、冬のオープンカーに耐えられるか」

ということです。

たしかに、冬にオープンカーに乗る時には、重ね着をしたり、防寒機能のしっかりしたダウンジャケットなどを羽織れば温かいのは間違いないのですが、それだとお洒落のバリエーションが少なくなってしまうので、冬でもお洒落をできれば楽しみたいなと思っています。(基本的に、ごわごわのアウトドアスタイルより、スラっとした薄着が好きです)

オープンカーの冬のファッション(服装)は意外と薄着でも温かい
  • 薄いセーター
  • デニム生地のジャケット
  • ジーンズ

これは、コーディネートの1つですが、普通であればどう考えても冬には適さない(この服装で歩いていたら間違いなく寒い)服装なのですが、冬のオープンカー(コペン)では、外気温2度の寒さの中でも、この服装で十分温かく感じるのが不思議です。

ちなみに、私の住んでいる地域は福井県なので、北海道や東北の方の寒さは分かりません。私の体感としては、福井ならこの程度の服装でも冬のオープンカーでも寒くないです。

写真のような春先や、秋に着るような服装でも体感温度として寒く感じないのは、

  • シートヒーター
  • 暖房(エアコン)

をつけているというのはもちろんですが、「ネックウォーマー」で首を温めているのがポイントです。

オープンカーは、首から下は暖房がよく効いて、たまに暑いと思うくらい温かいのですが、胸元から上(首、頭、耳、手)は、走行中の風も当たるので、寒く感じます。そこで、首、頭、耳、手のうち、どこを温めれば最も効率的に体感温度を上げられるか検証してみた結果、1番、防寒効果を感じられたのは「首」を温めることでした。
>> オープンカーの寒さ対策アイデアまとめ【寒い冬でも気持ちいいドライブ】

ほんと、首を温めるだけで、体感温度が全然違います。

オープンカー 冬のネックウォーマー

首を温めるといえば、ネックウォーマーやマフラーですが、私が冬のオープンドライブにいつも使っているのは、コロンビアのネックウォーマーです。生地は薄いですが、これだけでも十分です。

更に、ドライビンググローブや、帽子を装着すれば問題なし。

オープンカーの冬の防寒対策にドライビンググローブを購入

このグローブは、もともとサバイバルゲームで使う用途のグローブなのですが、薄手で、ハンドリングもしやすく、カジュアル系の服装にも結構あいます。
>> オープンカー 冬の防寒対策にドライビンググローブ(手袋)を購入【薄手の黒】

オープンカーの冬用ドライブにニット帽子を購入

sponsored link