軽自動車の電動ルーフオープンカー「コペン」はどんな車? オーナーから見るコペン

コペンローブS 走行中ルーフ開閉で警告音

ダイハツのコペンは軽自動車で唯一の「電動自動開閉式ルーフ(ハードトップ)採用のオープンカー」です。軽自動車のオープンカーというと、ホンダS660や、スズキカプチーノがありますが、いずれもルーフを開閉する際は手動。

私は普段コペンローブS(mt)に乗っています。

私が今まで乗っていた車と違い、コペンは実際に運転してみると外見とギャップのある車です。

スポーツカーというようりは、スポーティー。

街乗り車とスポーツカーのちょうど間をとったような車。

*スポーツカー要素

  • 少し硬めの足回り
  • 純正タイヤがブリヂストン・ポテンザRE050A
  • コーナリングは優秀

さらにSモデルに限定していうと

  • ダンパーはビルシュタイン
  • レカロシート
  • MOMOステアリング

*街乗り要素

  • ただ、2シーターとしては荷物をたくさん積める
  • 燃費もそこそこいい
  • 加速や高速走行(80km/時〜)に限界を感じる

軽自動車規格の中で、街乗りとスポーツ要素(走りと実用性)を強引に詰め込んだような、いい意味で「あいまいな」車です。ただ、実は、この曖昧さがコペンのウリだと思っています。

コペンの楽しみは、コペン購入後に「自分好みにカスタマイズできる」ということです。

軽自動車の電動ルーフオープンカーコペンとは

要は、ユーザーに選択肢が多く、

  • そのままノーマルで乗ってもよし
  • スポーツ寄りに走り重視でチューニングしてもよし
  • 街乗り寄りに乗り心地重視のセッティングにしてもよし

スポーツ寄りのチューニングは、ある程度の知識が必要ですが、街乗り寄りの乗り心地重視のセッティングは、実はタイヤサイズの交換、具体的にはインチダウンをして扁平率を高くしてあげるだけで簡単にできます。扁平率の違いで乗り心地はだいぶ違いますね。

私の場合は、「走りよりも街乗り(ゆったりドライブ)重視」の性能をコペンに求めているので、サマータイヤを15インチで扁平率を55%(純正より5%アップ)に高めてみました。

理由としては

  • 16インチ(純正) 165/50R16 → 街乗りには、やや突き上げが多くゴツゴツしている
  • 14インチ  165/65R14 → 乗り心地は普通車と変わらないが、柔らかすぎてスポーティーさが死んでいるので不満

ということで、間をとって、15インチ 165/55R15のタイヤを来春(4月)から試してみる予定です。15インチタイヤは今月末(12月末)に届くとのことなので、もし雪がない状態だったら、届き次第、早速はかせてみて乗り心地をレビューしたいと思います。

「普段は、まったり街乗り、海岸線ドライブを楽しみつつ、たまにはスポーティーな走りを楽しみたい」という私にとっては、15インチタイヤは、自分のイメージ通りの走りを実現してくれるのではないかと期待しています。

ちなみに、「コペンのカーブ性能は優秀」で、このカーブ性能があるがために、私はコペンにスポーティーな走行セッティングの余地を残したくなるくらいです。

sponsored link


すべてをほどほどに満たしてくれる車としてコスパが高い

軽自動車の電動ルーフオープンカーコペンとは

2シートのオープンカーというと、セカンドカーで所有される方も多いですが、コペンはファーストカーとしても実用性は十分だと思います。何かと融通の効く車です。

  • 荷物が多い時は、ルーフを閉めれば、日常の買い物レベルで困ることはない(トランクの広さ)
  • それなりのスポーティーな走り
  • 電動ルーフ
  • ハードドップ(屋根が幌じゃない)ので防犯性も優れている
  • 燃費もそれなりにいい

コペンは手軽にオープンカーを楽しめる「オープンカー入門車」として最適なのではないでしょうか?

コペンをそれなりの期間乗れば、オープンカーのお手入れや故障、乗ってみないと分からない問題を発見、解決する手段・スキルが身につくと思いますし、更に上のグレードのオープンカーにチャレンジするときにも、この知見が活きてくると思います。

また、他のオープンカーを試乗する場合でも「コペン」という1つの指標ができるので

  • やっぱり普通車の動力性能は、コペンとは全然違うな〜
  • この程度の差だったらコペンで十分だな

など、動力性能の違いを比較しやすく、購入の判断基準にもなりますね。

私もオープンカーは初めてだったので、購入前は不安でしたが、すっかりオープンカーの虜になってしまい、コペン現役引退後もオープンカーに乗り換えようと考えている1人です。

まとめ

「コペンとは、一体どんな車なのか」

普段コペンローブSに乗っている私の視点から見たコペンを改めて振り返ってみました。

  • トヨタ86やスバルBRZのような本格派のゴリゴリスポーツカーには少し抵抗がある
  • とりあえずオープンカーがどんなものなのか試してみたい

という私のようなタイプの方には、コペンって手軽に楽しめる面白い車だと思っています。

sponsored link