ダイハツ新型コペンを新車で購入すると税金を含めた総額はいくら?

ダイハツコペンを新車総額はいくら

新車、中古車に限らず車を購入する時には、車本体価格以外にも税金、保険などの諸経費が必要になってくるので、「総額でいくらになるのか」ということが重要ですよね?

車を購入する時に、必要になってくる主な諸経費は

  • 税金(自動車取得税、自動車税、自動車重量税)
  • 保険(自賠責保険、任意保険)
  • 書類代行手数料(ディーラー)
  • リサイクル料

車本体価格に、これらの諸費用を合計した総額が、あなたが車を購入する時に支払う総額にになります。

よく「乗り出し価格」って耳にしたことはありませんか?

乗り出し価格というのは、車を購入するときの車体価格+諸経費込のことです。

税金、保険、リサイクル料は、国で定められた全国一律の費用なので安くすることはできませんが、書類代行手数料や納車費用などはディーラー各店によって独自に設定しているので、交渉の余地があると思います。納車費用は、8000円くらいかかりますが、納車の日に自分でディーラーまで車を取りに行けば、0円になりますしね。

いずれにしろ、コペンを新車で購入した場合の総額がいくらになるかは、ダイハツのディーラーで見積もりを出してもらえば正確な金額が出てきますが、だいたい総額がどれくらいになるのか、私がコペンを購入した際にディーラーで出してもらった見積もりをまとめた記事があるのでこちらを参考にしてください。
>> 新型コペンの新車乗り出し価格はいくら?諸費用込みで見積もり

新型コペンには、ローブ、セロ、エクスプレイなど車体価格は若干違いますが、車本体価格以外の諸経費はほぼ同じです。どのダイハツディーラーで見積もりを出してもらっても、上の記事のような価格になると思います。

ちなみに、コペンの車種、グレード別の車体価格の違いがひと目でわかるように、価格比較表を作ってみました。

コペンはセロとローブ、ローブとローブS、MT車とCVTタイプと、選択肢は多いのが魅力的なのですが、その選択肢の多さゆえに、価格の比較がややこしいと思います。まだ、コペンのどのグレードモデルを購入するか迷っている方は、こちらの価格比較表も参考にしてください。
>> 新型コペンの新車購入価格表(ローブ、セロ、エクスプレイ)一覧まとめ

あなたは、もうどのコペンにするか決めましたか?

私が乗っているコペンはローブS(5速マニュアルMT)ですが、コペンの1番人気はセロのようです。
>> 新型コペンの人気グレードモデルと売れ行き セロとローブどっちが人気?

sponsored link