la400kコペンのシートを下げるためのローダウンシートレール購入を検討中

la400kコペンのシートを下げるローダウンレール

私のコペンローブS(mt)ですが、アイポイント(運転席からの視野)がやや高く、ドライビングスタイルに不満を感じるようになってきたので、シートを下げるためのローダウンシートレールを購入しようかどうか迷っています。

新型コペンは、一般的な車と比較してもアイポイントは元々低い方になると思います。

実際、私もダイハツディーラーで初めてコペンに試乗した時は、「アイポイント低いな〜」と直感的に感じたのですが、慣れとは不思議なもので、今では、もっとシートをローダウンした方が、よりコペンのスポーティーな走りを楽しめるのではないかと、やや不満気味。

シートを下げるためには

  • シートのアンコ抜き
  • ローダウンシートレールの取り付け

の方法がどうやら有力なようですが、アンコ抜きはシート自体を加工することになるので、私としては精神衛生上あまりよくありません。残りの選択肢であるローダウンシートレールの取り付けですが、ネットでla400kコペンのシートを下げるためのローダウンレールを探していたら、「Spiegel(シュピーゲル)」のスーパーダウンシートレールが私のイメージ通りのアイポイントを実現してくれそうです。

こちらがシュピーゲルのスーパーダウンシートレール(画像クリックで詳細を確認できます)

こちらのローダウンレールを取り付けると、シートを60mm(=6cm)下げることができるようで、ちょうどいい高さにアイポイントを持ってこれて、よりスポーティーで臨場感のあるコペンドライブを楽しめそう。

また、アイポイントを下げる効果だけでなく、

  • 天井と頭との間隔のゆとり
  • 信号待ちで、信号が変わるのを確認しづらい現状の改善

が期待できます。

コペンは乗る度に味が出てくると言いますか、「もっとこの部分を、こういう風にしたい」と改善点や、自分色を出したくなる車です。スポイラー(エアロ)、ホイールなどの外装的な部分ももちろんですが、今回のローダウンシートレールのように、アイポイントを下げて「走行スタイル」をも自分好みに調節したくなるのもコペン。

走行スタイルというと、コペンに乗ると「タイヤ」にもこだわりたくなるのではと思います。「もっとグリップ力のあるタイヤないかな?」など、いろいろタイヤの銘柄を変えては、乗り心地を試したくなります。

今まで乗っていた車では、ここまで「走り心地にこだわりたい」と思えるような車はなかったですから。

自分好みにカスタムできるし、したくなるのもコペンの魅力の1つです。

ちなみに、先ほど紹介したローダウンシートですが、現在、メーカーに適合を確かめてもらっています。

sponsored link