オープンカー コペンローブS(mt)で海岸線ドライブ車載動画【福井県三国305】

オープンカー コペンローブSで海岸線沿いをドライブ 車載動画

福井県の三国町〜越前町(305号線)にかけての海岸線ドライブ。

動画を撮影したのは、12月の冬ですが、天気は快晴で、オープンカーのコペンローブSをルーフを開けて走行。肌寒さもまったく感じず、むしろ暖かく感じるくらいの陽気。

オープンカーのオーナー様の話を聞くと、オープンカーが一番過酷な時期は実は「夏」のようですね。特に信号待ちの停車中。湿度の高いもんわりとした熱気に包まれて、とても快適とはいえない状況になるそう。私はまだ、コペンローブSでの夏を体験したことはありませんが、夏は日焼けの問題もあり、特に昼間はルーフを閉めて走り、夜の少し涼しくなった頃にオープンで走る方が多いようです。

一方の冬はというと、もちろんダウンジャケットやグローブ(手袋)装着など、暖かい格好をしていれば、太陽が出ている日は、そこまでオープンカーは寒く感じません。ただ、日が落ちて暗くなってくると、「シートヒーター、暖房マックス」の状態でないと、震えるくらい寒く感じます。 コペンの暖房は、だいぶ効きがよく、特に足元は熱いくらいポカポカに。

ただ、海沿いの影響か、風はやや強く、ルーフオープンにしてコペンを走らせていると、市街地をドライブしている時よりも、風の巻き込みをやや強く感じました。

フロントガラスに、車内のダッシュボードが光を反射して映りこんでしまっていますが、日差しが強いと、こういう現象になってしまうようですね。ちょっと車載動画には、映り込みが目障りなので何か対策を考えたいと思っています。

この越前町付近の305号線沿いの海岸は、9月中旬から11月中旬まではアオリイカ、2月いっぱいはヤリイカがよく釣れる場所なので、釣り目的で県外からいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?あと、福井県の冬の特産品である、おいしいセイコガニやズワイガニを食べられる旅館も、この通りにはたくさん並んでいます。

私は今もたまにイカ釣りをしますが、三重、名古屋、岐阜といった太平洋側の地域、京都大阪といった関西方面のナンバーの車を、イカが釣れるシーズンになるとたくさん見かけますね。

改めて、コペンローブSをルーフをオープンにして走行すると、爽快感が違います。

上を見れば青い空、横を見れば青い海。

何が1番違うのかというと、物理的な構造物(ルーフ、ウィンドウ)をとっぱらって見える純粋でクリアな景色。また、FMラジオがルーフつきの車とは、また違った印象に聞こえますので、コペンでドライブする際には、是非お試しください。

※使用ドライブレコーダースペック

  • メーカー: YIドライブレコーダー smart dash camera
  • 価格: 5000円
  • 解像度: 1920 x 1080 px (60fps)

yiドライブレコーダーについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください
>> xiaomi yi ドライブレコーダーをコペンに取り付けました!画質レビュー評価 

※動画編集ソフト

Aviutl

sponsored link