新型コペンの新車購入価格表(ローブ、セロ、エクスプレイ)一覧まとめ

新型コペン新車購入価格表

ダイハツの新型コペン(ローブ、セロ、エクスプレイ)を新車で購入しようと考えていらっしゃる方は、種類によって新車購入価格が違うのか気になりますよね?

スポーティーな感じのヘッドライトのローブ、丸目がかわいいセロ、アドベンチャーチックなエクスプレイ。ちなみに、ダイハツの新型コペンの1番人気は、圧倒的に「コペン・セロ」だそうです。

さて、新型コペンの新車購入価格ですが、結論から言いますと、タイプごとに価格は違います。(人気のセロは、他より若干高い価格設定になっています) その他にも、新型コペンの価格にはバリエーションがあって、

  • 車種
  • マニュアルMTかCVTか
  • 標準タイプか、Sタイプか
  • ボディーカラー

この4つの要素で、新型コペンの値段は変わってきます。

おそらく、新型コペンを購入する際に悩むポイントとしては、

  • 人気のセロが割高なら、ローブにしようかな・・・
  • レカロシート、MOMOハンドル標準装備のSタイプが高いなら、標準タイプで妥協しようかな・・・

というところだと思います。

ちなみに、私の乗っている新型コペンは、コペンローブSです。

新型コペンの購入価格は4パターンが複雑に組み合わさっていて複雑で、比較しようとしても少し不便ですよね?そこで、今回は、あなたが購入を検討している新型コペンの価格比較がしやすいように、価格表一覧を作ってみましたので参考にしてくださいね。

sponsored link


新型コペンの新車購入価格表

新型コペンを新車で購入した場合のタイプ別本体価格です。

※税金や諸経費は含まれていない(乗り出し価格ではない)のでご注意ください。

  • 黄色塗りつぶし → 1番高い
  • 青色塗りつぶし → 1番安い
車種 MT or CVT 標準 S
セロ 5MT 1,927,800円 2,127,600円
CVT 1,906,200円 2,106,000円
ローブ 5MT 1,873,800円 2,073,600円
CVT 1,852,200円 2,052,000円
エクスプレイ 5MT 1,873,800円 2,073,600円
CVT 1,852,200円 2,052,000円

 

いかがですか?

新型コペンの中でも丸目のヘッドライトが特徴的な1番人気のセロが、ローブ、エクスプレイよりも価格設定がやや割高になっていますね。(コペンセロSが最も高い)

逆に、ローブやエクスプレイの価格は5MT、CVTとも同じです。

次に、「セロとその他」「5MTタイプとCVT」、「標準とS」、それぞれの指標でどれくらい値段が違うのか比較してみます。

 

コペン 5MTとCVTでの価格の違い

新型コペンの5MTとCVTを比較すると、どの車種でも5MTの方21,600円高くなっています。これは、セロ、ローブ、エクスプレイ共通です。

コペン 標準とSの価格の違い

新型コペンの標準タイプとスポーティーなSタイプの価格を比較すると、Sタイプの方が199,800円高くなっています。

おそらく多くの方(特にコペンでスポーティーな走りを楽しみたいという方)がコペンを購入する際に迷うのが、標準タイプとSタイプの約20万円という価格差でしょう。

コペンの標準タイプとSタイプでは具体的に何が違うのかというと、Sタイプは

  • レカロシート
  • MOMOステアリング(ハンドル)
  • ビルシュタイン・ショックアブソーバー

が標準装備になっています。その他は標準タイプと同じです。

この3つの標準装備に20万円の対価を払える価値観をあなたが持っているかどうか。

ちなみに私はコペンローブSに乗っていますが、間違いなくSタイプにしてよかったと自信を持って言えます。標準タイプを購入していたら、ワンランク上のドライブ体験を経験できないまま人生を終えていたかと思うと、ゾッとします。私にとってこの20万円はオプション料ではなく「一生記憶に残る経験・体験料」

それを考えると、20万円は、はっきり言ってただのようなものです。

実際に、コペンローブの標準タイプとSタイプを乗り比べた時の感想をレビューしていますので、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

コペン セロとその他の車種での価格の違い

新型コペンのセロとその他(ローブ、エクスプレイ)では、具体的にどれくらいの価格差があるのかというと、54,000円。これは5MT、CVTも共通です。

ボディーカラーによる価格の違い

新型コペンは、新車で購入する際にオプションとして8〜10種類のボディーカラーの中から自分の好みの色を選べるのが魅力的ですよね?

ボディーカラーを選択するときのオプション料は、ほとんどのボディーカラーで「無料」になっているのですが、4色だけはオプション料金が別途追加で必要なカラーがあります。

追加オプション料金が必要なボディーカラーは

オプション料金:32,400円

  • マタドールレッドパール
  • リキッドシルバーメタリック

オプション料金:21,600円

  • クリアブルークリスタルメタリック
  • パールホワイトⅢ

ボディーカラーによってもオプション料金が変わってくるので、購入の際にはそれも頭に入れておきましょう。ちなみに私の乗っているコペンローブSは「マイカブラック(黒)」ですが、オプション料金は無料です。

コペンの新車乗り出し価格は?

車を購入する時には、税金や自賠責保険、リサイクル料、ディーラーの代行費用など様々な経費が必要ですよね?乗り出し価格とは、「車本体価格と、車を購入する時に必要な諸経費を含めた総額でいくらになるか」ということです。

つまり、乗り出し価格が、車の購入費用総額になります。コペンの乗り出し価格についてはこちらの記事を参考にしてください。
>> 新型コペンの新車乗り出し価格はいくら?諸費用込みで見積もり

まとめ

新型コペンの新車購入価格を比較しやすいように、表でまとめてみました。

コペンの車種、グレードごとの価格の違いは整理できましたか? コペンにはいろいろなタイプ(CVT、MT)、標準タイプ、Sタイプ、カラーバリエーションがあって、価格を比較する時には多少面倒くさいですが、自分の好みのタイプの車を自在に選べるという「自由さ」がコペンの魅力の1つなんです。

少量生産なのに、ここまでユーザーのわがままを聞いてくれる車ってなかなかないですよね?

「コペンは軽自動車なのに高い!」

とよく言われますが、それは、「ドライブ体験」、「特徴的なデザイン」など、車に求めているものの価値観の違いで高く感じるだけであって、コペンを購入する方というのは、「むしろ、これだけの面白い体験ができる車が200万円で購入できるなんて安い!」と考えているオーナー様も多いのではないでしょうか?

正直、今回私がコペンを購入した時に考えたことは、「コペンという車にお金を払ったのではなくて、体験に対してお金を払っている」というこれまでにない感覚でした。私は、車にそこまでお金をかけるタイプの人間ではなく、どちらかというと「車は交通手段」という価値観の人間ですが、たった200万円で、こんな面白い体験ができる車なんて他にないですよ。

※でも、コペンを購入する前には必ずディーラーで「試乗」してくださいね。試乗せずに「外見がかわいいから、かっこいいから」という理由だけで購入すると、後で後悔する可能性があります。

特に、20代で若い未婚の方。家庭を持つと、自分の好きな車がなかなか乗れなくなります。コペンを今買うかどうか迷っているなら即購入するべきです。この貴重な体験をせずに人生を終えるのはもったいないですよ。

コペンを購入した時の私の純粋な気持ちを綴った記事です。
>> LA440K新型コペン・ローブS(MT)が納車されました!ブログはじめます!

sponsored link