軽自動車の新型コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け【画像】

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

新型コペンローブS(mt)に通販で購入したアルミペダルカバーを取り付けしてみたので、取り付け後の見た目の変化や、乗り心地などをレビューしたいと思います。

純正の新型コペンローブS(mt)のペダル(アクセル、ブレーキ、クラッチ)は、下の画像のように

いかにも軽自動車っぽい、ペダルにゴムがカバーされただけのやや小さめのペダル。

ペダルは足元の奥まったところにあるので、外見としてあまり目立つ部分ではないですが、それでもやはりドアを開けて車に乗り込む際に、視界に入る部分ですし、アルミペダルの方がスポーティー感があるので、ドライブ中の気分の問題として、シルバーの輝きのあるアルミペダルを取り付けたいなと思っていました。

また、コペンローブS(mt)の純正ペダルは、大きさがやや小さめで、足元の操作にやや不満があったので、少し大きめのペダルを取り付けたいな、とも前々から考えていたところです。

sponsored link


mt用アルミペダルカバー取り付け後の印象

運転席のドアから

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付けla400kコペンにハンドルカバーを装着 ハンドルカバーサイズは

純正のゴムペダルと比較してみると、やはり「アルミペダル」というのは光沢があってだいぶ印象が変わりますね。さりげないけれど、存在感のあるドレスアップといったところでしょうか。

助手席側から見たペダル

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

アルミペダルは、運転席からというよりも、助手席から見た方が「あ!この車アルミペダルなんだ」というのがよく分かります。

足元

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

アルミペダルカバー取り付け後の乗り心地は?

アルミペダルカバーを私の新型コペンローブS(mt)に取り付けて、その後の乗り心地がどのように変化するのか約10kmほど走行してみました。

というのも、今回アルミペダルカバーに選んだ「type-R」のMT用アルミペダルカバーは、商品説明に「汎用」とは書かれていましたが、特に軽自動車用のモノではないらしいからです。軽自動車は普通車に比べてペダルの大きさが小さいので、たいてい軽自動車用のドレスアップのペダルカバーには「軽自動車用」と記載されていますよね?

特に、アクセル用のペダルカバーが純正ペダルに比べて長さが約1.5倍くらいあるので、

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

コペンの狭い足元空間で、このような明らかに普通車用と思われる長めのアクセルペダルを全開に踏んだとして、フロアに干渉しないのかが心配でした。

まぁ、でも実際に走らせてみると、そんな心配はよそに、アクセルをベタ踏みしてもペダルがフロアに干渉することはなく運転に支障はありませんでした。また、ペダルのサイズがひとまわりくらい大きくなったので、クラッチやブレーキも操作しやすくなった感じがします。

アルミペダルは滑る?

コペンローブS(mt)の純正ペダルカバーはゴム製。今回装着したtype-Rのアクセルペダルカバーはアルミ製。

ペダルカバーの材質が金属に変更されたので、雨や雪の日にアクセルやブレーキを踏んだ時に、「滑って踏み外す」といったことを心配されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回、アルミペダルカバーを取り付けてテストドライブしてみたのは、雪が降って、靴底が濡れているような状態でしたが、運転中にクラッチ、アクセル操作で足が滑って支障がでる、といったことはありませんでした。あくまでも、ペダル操作は純正のゴムペダルと変わらない操作感でした。

アルミペダルカバー取付方法

軽自動車コペンローブS(mt)にアルミペダルカバーを取り付け

type-Rアルミカバーペダルの取り付け方法に関しましては、別記事で改めてまとめます。
>> 汎用アルミペダルカバーセット(mt)の軽自動車への取り付け方法【画像】

正直、コペンの狭い足元で作業するのは、ネジを締めるときに仰向けになってアクロバティックな体勢になるなど、結構大変でした。これまでの14年間の車歴の中で、今回初めてペダルカバー換装を経験したのもあり、要領を得ていないことも重なって約1時間くらいかかりました。

まとめ

外見はあまり目立たないですが、ペダルをアルミペダルにしてみると、スポーティーな印象がグッとあがり、気分的に運転が楽しくなります。また、私と同じように、コペンのペダル(アクセル、ブレーキ、クラッチ)が「小さくて操作しにくいな」と感じていらっしゃる方にも、実用的な意味で、純正より少し大きめのアルミペダルに交換することもおすすめですよ。

また、アルミペダルカバーはmt用だけでなく、cvt用も販売されています。
>>  ★大人気★汎用アルミペダルセット(MT用)type3

sponsored link