新型コペンローブSの純正マフラー音を評価レビューしてみる

新型コペンローブSの純正マフラー音を評価レビュー

以前、新型コペンのデザインで気に入っているところという記事、
>> 新型コペンのデザインでかっこいい、お洒落だと思う所【画像】

で紹介しましたが、新型コペンの純正マフラーは、純正にしては、なかなかお洒落なマフラーが装着されています。

コペン・ローブS MTのスペック

新型コペンのマフラーは、左右に2本出し。

新型コペンのデザインでかっっこいい「画像新型コペンのデザインでかっっこいい「画像」

マフラーの形も、「少しおじぎしたような形」で、ストレートタイプのマフラーもいいですが、私としては、こちらのタイプのマフラーのほうが、「スポーティー+レトロ感」のバランスが絶妙で好みです。(ゴリゴリのスポーツカーデザインはあまり好きではないので)

新型コペンは「スポーティーなオープン軽自動車」というのがメーカーのコンセプトだと思うのですが、スポーティーというとマフラー音が気になる方もいらっしゃいますよね?

特に、CVTではなく、私のようにマニュアルMTタイプのコペンを選ぼうと考えている方は、なおさら新型コペンのマフラー音がどういう音を奏でてくれるのか気になってしょうがないでしょう。

アクセルを踏んで加速するときの、マフラー音が自分のイメージぴったりだと、それだけでも運転している時の臨場感が違いますからね。ただ車を運転しているだけでなく、走りに立体感が出るというか。

さて、私が実際にコペンローブS(5速マニュアルMT)を乗っていて、マフラー音について気づいた感想を評価レビューしてみたいと思います。

sponsored link


コペンローブSのマフラー音は静か

新型コペンローブSの純正マフラー音を評価レビュー

コペンローブSに限らず、新型コペンは、冒頭で紹介した画像のマフラーだと思いますが、コペンローブSのマフラー音は、とても静かです。

トヨタ86やマツダ・ロードスターなど、本格派のスポーツカー独特の「ぶうぉーーん」というような、重低音で響くような音は、コペンのマフラーでは期待できません。こういったところが、コペンが「スポーツカー」ではなく「スポーティーカー」と言われる所以だと思いますが。

実際に、マフラー音を動画で撮影して、ユーチューブで公開しようと考えましたが、マフラー音が静かすぎて、動画を撮影しても音がわかりづらかったので、結局やめました。それくらい静かです。

特に、ルーフ(屋根)を閉めている時は、アクセルを踏んで加速する時でもマフラー音はほとんど聞こえず、逆にコペンの軽自動車チックなエンジン音(少し安っぽい音)の方が目立つので、私としては、そこが少し不満だと思う点。

ただ、それはルーフを閉じたままで走行した時の感想です。

実は、ルーフを開けて走ると、この静かなマフラー音が進化します。

ルーフオープンで走ると、マフラー音が進化!

la400kコペンにハンドルカバーを装着 ハンドルカバーサイズは

ルーフオープンで走行すると、コペンの純正マフラーは、絶妙な音を奏でてくれます。

イメージとしては、アクセルを踏んで加速すると、ちょうどボディーの底中央部あたりから、地鳴りのような、低い音が響いてくる、といった感じ。よく、夜に窓の外を走っている車の加速音が「ブーン」と聞こえてくることがありませんか?

まさに、コペンをルーフオープンで走らせた状態のマフラー音がそのような感じです。

ルーフをオープンで走ると、ルーフを閉めていた時に気になった、コペンの軽自動車らしいエンジン音もほとんど気にならなくなり、運転している時の臨場感が1.5倍くらいアップするかな。私は、このマフラー音を聞きたくて、あえてオープンにしていることもあるくらいです。

まとめ

新型コペンローブSの気になるマフラー音について、私が実際にコペンローブSを乗っていて気づいたことをレビューしました。

いかがでしたか?

普段は静かなマフラー音のコペンですが、コペンのマフラー音は、ルーフオープンにした時に絶妙な味のある音を奏でて、「車を操作している」という臨場感を高めてくれます。これでマニュアルMTなら最高です。

是非、新型コペンの試乗をする時は、ルーフオープンにした状態のマフラー音を意識して聞いてみてください。

sponsored link