新型コペンローブSの着せ替え社外パーツで「mr-s風」のボディーキットが出ないかな

新型コペンは、「ドレスフォーメーション」といって、車のボディーは取り外し可能の樹脂パネルでできています。

だから、ローブからセロ、セロからローブへとデザインを着せ替えできるんですね。着せ替え用のキットはフロント・リア全部で37万円程度で購入できます。一般の自家用車では、珍しいアイデアですね。

ダイハツ純正のボディーキットだけでなく、D-SPORTさんなどのサードパーティーから、社外着せ替えパーツなるモノも販売されています。

純正のコペンローブよりも、さらに男っぽさが増して、スポーツカーをミニチュア化したデザインになりました。コンセプトカーのような近未来デザインですが、コペンは、ボディーの樹脂パネルを取り外すだけでプラモデル感覚で簡単に着せ替えできるので、コンセプトで終わらず、現実化してしまうのがおもしろい。

ちなみに、国産のオープンカーで私がデザインとして気に入っているのがトヨタの「mr-s」です。

トヨタのmr-sは2007年に生産終了してしまいましたが、ソフトトップタイプのオープンカー。どこかポルシェのケイマンに形が似ています。2007年というと、今からちょうど10年前ですね。


出典: グーネット


出典: グーネット

トヨタのmr-sのデザインで好きなのは、大きなヘッドライトと、ボディー後方サイドのエアダクトから、前輪タイヤにかけてのエアロライン。

横から見たボディー形状も、新型コペンとよく似ているので、作ろうと思えばできそうなデザイン。

DーSPORTさんがMR-Sボディーキットみたいな感じで開発してもらえないでしょうか。即買いしますので。

コペンを開発チーフした藤下氏もおっしゃっていましたが、サードパーティーにどんどん社外パーツを供給してもらって、コペンカスタムを盛り上げるのにコペンの設計図面などはすべて公開しているようです。

カスタムの自由度の高さ、購入後も楽しめるのがコペンの魅力の1つ。「もっとこんな風にできないかなぁ」なんて、ついつい想像力(妄想かも?)が湧いてくるのもコペンの魅力。 完全にコペンアディクションです。

sponsored link