二人乗りで人気の楽しい軽自動車! 新型コペンの魅力【メリット編】

二人乗りの軽自動車 新型コペンの魅力とメリット

国産の二人乗りの軽自動車といえば、ダイハツ・コペンとホンダ・S660が人気ですね。値段も200万円前後で、オープンカーにできるおもしろいコンセプトの二人乗り軽自動車ですが、私は最終的にLA400K型の新型コペン・ローブS(5速マニュアルMT)に乗っています。

ダイハツ・コペンと、ホンダ・S660を比較して、なぜ私がコペン・ローブSを選んだのか、詳しくはこちらの記事にまとめてありますので参考にしてください。>> コペン・ローブS(MT)とS660を比較してコペンを選んだ理由

さて、あなたは今、コペンが気になっていて、次の車として購入しようかどうか迷っている方ですか?新型コペンは、価格が約200万円、中古車(3年落ち)でも税込み総額で170万円くらいする、正直、普通車が買えてしまうくらい軽自動車にしては割高でデリケートな車です。

軽自動車で200万円する車はなかなかないので、買った後に「あ〜やっぱりコペンじゃなくて普通車にしとけばよかった・・・」なんて後悔したくないですよね?

今日は、実際にコペン・ローブSに乗っている私が、コペンの魅力と、実際運転してみて気づいたメリット、デメリットをコペンオーナー目線で紹介したいと思います。

sponsored link


コペンは正直、トゲのある車

ダイハツのコペンは乗る人を選びます。

1番分かりやすいのは、2人乗り専用の2シーターだということ。2人乗りだというだけで、購入する層は限られてくると思います。たとえば、家族で子供がいる場合、日常生活の利便性を考えると、2人乗りだと少し不便ですよね?

また、冒頭にも書きましたが、コペンは価格が200万円前後するちょっと割高な軽自動車。しかも2人乗りです。同じ軽自動車で人気のホンダ・NーBOXも180万円くらいしますが、N-BOXの方は4人乗り。同じような価格帯でも、利便性を考えると2人乗りの200万と4人乗りの200万では価値観が分かれると思います。

「2人乗りの軽自動車で200万超えってちょっともったいないかもなぁ」って感じる方もいらっしゃるでしょう。私の場合は、それをはるかに上回る魅力があったからコペン・ローブSを購入したわけですが。

コペンの魅力、メリット

個性的

ダイハツ・コペンは「クーペガブリオレ」という車のタイプ。
※クーペガブリオレについてはこちらの記事を参考にしてください
>> 新型コペン・ローブS(MT)のスペック クーぺガブリオレの日本軽自動車!【画像】

車のルーフをオープンにしていない時はクーペスタイル、ルーフオープン時はガブリオレスタイルという、国産車種では珍しい車です。特に軽自動車でクーペガブリオレスタイルの車はコペンが唯一無二でしょう。他に国産車で、クーペガブリオレを採用している車種は、マツダ・ロードスターRFくらいでしょうか。

また、車のシルエット、ヘッドライトの形も独特なので、「他の人と同じ車は嫌!」というような個性派タイプの方には、コペンはおすすめだと思います。

電動式アクティブトップ(ハードルーフトップ)

おそらく、コペンが1番注目を集めるきっかけになった装備、アクティブトップ(ハードルーフトップ)。

アクティブトップの車は他にも、アウディTTロードスター(Audi)や、フェアレディーZ・ロードスター(日産)、マツダロードスターND(マツダ)のような車がありましたが、いずれもルーフ(屋根)はソフトトップ(幌)。

ソフトトップ型のオープンカーは、防犯や遮音性の面からデメリットがあると言われています。たとえば、カッターなので、幌を切り裂かれてしまって、交換するのに20万円かかるとか、遮音性が低いので、外部の音が車内に伝わりやすかったり、雨が降ると「ボツボツボツ」と、まるで傘をさして歩いているような音がしたり。

コペンは、ハードトップルーフなので、ソフトトップルーフの防犯、遮音などのデメリットを解消してくれます。また、電動開閉式なので、スイッチ1つでオープン、クローズが選択できます。

自分の好みのスタイルを選べる

ダイハツ・コペンは、選択肢が多い車です。

LA400系型
(新型)
ローブ ローブS
セロ セロS
エクスプレイ エクスプレイS

新型のLA400系コペンは、ローブ、セロ、エクスプレイと3種類のタイプの中から選ぶことができます。「S」がつくタイプは、スポーティーなタイプ、Sがつかないタイプは標準タイプです。

たとえば、かわいらしいオールドカーのようなレトロタイプのデザインが好きであれば、大きい丸目のヘッドライトがかわいいコペン・セロ。よりスポーツカーチックなかっこいいデザインが好みであれば、角ばったヘッドライトのローブ。

また、スポーティーで、かつ大人の主張しすぎない落ち着いた雰囲気が好みなら、装備がワングレード上質な「Sタイプ」を選んでみるなど・・・ 選択肢の幅が大きく、洋服を選んでいるような感覚で、あなたにぴったりの1台が見つかるのがコペンのいいところです。

コペンのSタイプは、レカロシート、ビルシュタイン・ショックアブソーバー、MOMOステアリング(ハンドル)が標準装備になっています。これだけでも十分魅力的な装備。

ちなみに私が乗っているのは、コペン・ローブS(表で黄色く塗りつぶし)のマイカブラック、5速マニュアルMTタイプです。私は、今まで、14年間の間で、3台乗り継いでいますが、すべてマニュアルMT車。

今回、私がコペンを選んだ理由は、5速MTマニュアルという車の運転も楽しめて、かつ、車体デザインがゴリゴリのスポーツカーらしくない綺麗なデザインだったから。マツダ・ロードスターRFもかっこいいと思いましたが、ロードスターは少しスポーツカー要素が強いデザインなので私の好みではありませんでした。

運転が楽しい、飽きない

私の所有しているコペンは、「ローブS、5速マニュアルMT」なので、とにかく運転するのが楽しいです。特に、ルーフオープンにした時のマニュアル操作は、今までと違う新世界。

また、レカロシート、MOMOステアリング、2シーターなど、運転するだけでなく、運転する前に内装を見るだけでもわくわくします。

オープンは気持ちいい

コペンが欲しいけど乗っている人が少ない二人乗りの軽自動車 新型コペンの魅力とメリット

今回初めて、クーペガブリオレというタイプのオープンカーに乗りましたが、オープンカーはやっぱり気持ちいです。

特に、私が住んでいる福井県は日本海側に面していて、海沿いを長時間ドライブできるコースがあるのですが、やはり、ルーフオープンとクローズでは、気分が全然違います。ルーフをオープンにして、潮風を感じながら、自分の好きな音楽やFMラジオを聴きながら・・この瞬間は、やっぱりコペンにしてよかったなと、走る度に思います。

また、コペンは海沿いだけでなく、首都高や、夜の繁華街といったちょっと大人っぽい雰囲気のシーンでも、上手に溶け込めるデザインなので、とにかく飽きません。

荷物がたっぷり乗る

これは、AudiのスーパーカーR8と、ダイハツ・コペンに、それぞれゴルフバッグが積めるかどうか比較してみたおもしろ動画。

コペンは車体が小さいので、「トランクも小さくて荷物もそんなに積めないのかな?」と思いがちですが、なんとコペンではゴルフバッグも入ります! 普段の買い物程度の荷物を積むには、十分すぎるくらいのトランク容量。

ただ、トランクに荷物を積む時の注意として、荷物を積んだらオープンにはできないので、無意識にオープンにしてしまわないように気をつけましょう。

タイヤは16インチ 冬はインチダウンも可能!

コペンの純正タイヤサイズは16インチと、軽にしては大きめです。タイヤが大きいと、メリハリができて、車がよりシャープにかっこよく見えますよね?

また、14インチのタイヤまでインチダウンすることもできるので、冬用のスタッドレスタイヤをはく時は、14インチに履き替えることができるなど、コペンは、経済的にも融通の効く車です(インチの大きいスタッドレスタイヤは割高ですからね)

洗車が楽

コペンの車体の高さは1280mm(128cm)しかありません。128cmというと、小学校2年生くらいの平均身長です。

私は、車はガソリンスタンドに置いてあるような洗車機にかけず、自分で手洗いするタイプなので、今までは車のルーフを洗うときには、脚立を登り降りしたり、ちょっと洗車が面倒くさいなと感じることもありました。でも、コペンは、脚立に登らなくても立ったままの状態でルーフを洗えるのですごく便利です!

また、車体自体が小さいので洗う面積も少なく、「少し汚れが気になるな〜」って思ったら、ささっとタオルで拭けるので、常にピカピカの状態で車を維持できますよ。

カスタムパーツも豊富

グーグルで「コペン カスタマイズ」、「コペン チューニング」と検索すると、コペンのマフラーや内装、外装をカスタマイズした画像やブログがたくさん出てくると思います。

コペンは、ノーマルでも十分魅力的な車ですが、専用のカスタムパーツも販売されているので、エアロをつけてみたり、サスペンションや、マフラーを変えてみたり、走りにこだわりのある方は、カスタマイズやチューニングをして、さらに自分好みの車に仕上げるという楽しみもあります。

私は特にカスタマイズせず、フルノーマルで乗リ続けようと思っています。

ドレスフォーメーション(着せ替え)

コペンのおもしろいところは、「ドレスフォーメーション」といって、プラモデル感覚で着せ替えができるようになっているんです。このドレスフォーメーションは世界初の発想なんですよ。

着せ替えは、

  • コペン・セロ → コペン・ローブ
  • コペン・ローブ → コペン・セロ

といったように、外のパネルを付け替えるだけで、あっという間に、雰囲気の違うタイプの車を楽しめるんですね。また、カラーバリエーションも豊富なので、例えば、「今まで黒のローブに乗っていたけれど、赤のローブに変えてみたい」という風な着せ替えもできます。

コペン ドレスフォーメーション
出典: ダイハツ

このダイハツ・コペンのオリジナル発想のドレスフォーメーションキットのカラーバリエーションは9種類、約37万5千円で販売されています。

私は、マタドールレッドパールとトニコオレンジメタリックも気になっています。マタドールレッドパールは実物も見ましたが、まさに「ルージュ」といった上品な赤でした。赤が好きな女性は、コペンのレッドパールおすすめですよ!

オフ会など、コペンコミュニティが強い

コペンは、販売台数は少ないですが、その分、コペンを購入する人というのは、ライフスタイルや車に対する価値観が似ている、いい意味でクセの強い方が多いと思います。

ダイハツ公式サイトでは、COPEN CLUBやLOVE LOCAL COMMUNITYといったコペンオーナー同士が語り合える掲示板が用意されていたり、全国各地でコペンオーナーのオフ会も活発なようです。

車というと、「買ったら終わり」というイメージですが、コペンの場合は、独特なコミュニティーがあって、仲間意識が強く、車をただ買うだけでなく、新しい仲間探し、出会いのきっかけになるのがおもしろいところです。

税金が安い

ダイハツのコペンは軽自動車です。

なので、毎年、自動車にかかる税金や、保険など、維持費も割安になります。

まとめ

二人乗りの人気軽自動車、ダイハツ・コペンの魅力【メリット編】はいかがでしたか?

今、コペンを購入しようかどうか迷っている方の参考になりましたでしょうか?コペンは、一言でまとめると「わがままを聞いてくれて、遊び心のある、お洒落な軽自動車」です。

「2人乗り(2シーター)」という制約に問題なければ、自信を持っておすすめできる車。特に、独身の若い人にはおすすめ。結婚して家庭を持つと、制約が多く、車選びも独身時代と同じような感覚で選べませんよね?独身時代の今だからこそ、自分が1番乗りたい車に乗るのが後々後悔しませんよ。

コペンのデメリットについてまとめた記事はこちら
>> 二人乗りで人気の楽しい軽自動車! 新型コペンの魅力【デメリット編】

sponsored link