新型コペンローブSの欠点、不便なところを辛口で評価レビュー!

新型コペンローブSの欠点を辛口評価レビュー

今回は新型コペンローブSの「欠点、不便なところ」を辛口で評価レビューしてみたいと思います。

私はコペンを購入したことに満足していますし、何よりMT車なので、「車を運転する楽しみ」を十二分くらいに満喫して、コペン依存症になりそうなくらいコペンを気に入っています。

ただ、実際にコペンローブSを運転していると、「ここはちょっと不便だな〜」と思うことがありますので、日頃感じるコペンの欠点をまとめてみたいと思います。

私が乗っているのは、コペンローブS(mt)ですが、セロ、ローブ、エクスプレイと他のグレードモデルでも使い勝手は同じだと思うので、これから新型コペンを購入しようかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

sponsored link


新型コペンの欠点、不便なところ

新型コペンローブSの欠点を辛口評価レビュー

車内スペースが狭い

「コペンは狭い!」とネットの口コミや評判で見かけると思いますが、コペンが狭いのは、長所でもあり欠点でもあります。

長所

コペンの独特の車内スペースの狭さは、「スポーティーな走り」の臨場感を高めてくれる重要な要素です。そもそもコペンの企画コンセプトがスポーティーなのですから。

欠点

人によっては、コペンの狭さが窮屈に感じたり、また、腰の弱い方は、運転中に腰に負担がかかり、腰痛になってしまってコペンを手放してしまう方もいらっしゃるようです。また、物理的な疲労感でなく、狭いことによる心理的な目に見えない疲労感を感じる方もいますね。

視野の死角

コペンの運転で一番気をつけないところは、コペン独特の視界の死角です。コペンの視野で死角になりやすいところは、上部視野と、後方視野。

特に後方視野については、交差点の歩行者や原付きバイクの巻き込み確認が非常にしづらいので、今までの車の感覚で運転していると事故リスクが高まると思います。 コペンの視野の死角について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>> コペン、安全運転のコツ 後方視野の死角に注意しないと事故率高まる?!

収納

2人乗りのオープンカーなので、4人乗りの車と比較すると収納スペースが限られてきます。

おそらくコペンを購入した後に一番困るのが、ゴミ箱、ティッシュ、ドリンクホルダー選び。車内空間が狭いので、たとえば、一般的な車の感覚でゴミ箱をポンと置いてしまうと、やたらゴミ箱の存在感が強調されて、見栄えが悪くなります。

また、今までの車なら、カード類や、CDなどをサンバイザーに収納カー用品を取り付けて使っていた方もいらっしゃると思いますが、コペンはオープンカーなのでオープンにした時、万が一、落下や風で飛んでいってしまうリスクを考えると、サンバイザーへの収納は不安要素が残ります。

ただ、その反面、コペンに乗ると断捨離の習慣が身につくかも。

コペンの収納対策グッズはこちらの記事を参考にしてください。
>> 狭いダイハツ新型コペンの車内収納スペースの工夫グッズまとめ

ルーフ開閉が停車中でないとできない

「軽自動車なのに自動でルーフオープン!」

これは、コペンの大きな魅力の1つですよね?コペンはスイッチ1つで、電動でルーフ開閉できるアクティブトップルーフを採用している国産軽自動車で初のオープンカーです。

ただ、コペンのルーフ開閉は、「完全停車中」という条件でしかルーフ開閉ができません。

なので、たとえば急に雨が降ってきた時は、どこか路肩に車を停車させるか、信号待ち中に急いでルーフを閉めるしかありません。また、ルーフ開閉中に信号が切り替わってしまった場合は、ルーフ開閉動作の途中で止まったまま走行することになるので、少し恥ずかしいです。(私も1度経験あり)

ちなみに、ルーフを走行中でも開閉できるようにした社外パーツが販売されています。詳しくはこちらの記事を。
>> LA400Kコペン ルーフを走行中にオープンにする方法 車速キャンセラーキットとは?

荷物をトランクに積んだのを忘れてルーフ開閉してしまうとアウト

うっかりトランクに荷物を積んだのを忘れて、ルーフをオープンにしてしまうと、ルーフが荷物にひっかかって壊れます。最悪ディーラー修理で高い修理代になる可能性も。

車の乗り降りが大変

新型コペンローブSの欠点を辛口評価レビュー

コペンを既に試乗された方は同じように感じたと思いますが、コペンは車高が低いので、車に乗る時に、(特に高身長の方は)だいぶ身をかがめて窮屈な形で運転席に乗り込む必要があります。

また、乗り降りする時に、特に太ももや、足先がハンドルや、ドアに当たるので、窮屈に感じます。

気をつけないと段差で車の底を擦る?

「車高を下げる」って聞いたことありますよね?

車高を下げるというと、一般的に、「ちょっとヤンチャな車の改造」というイメージを思い浮かべるかもしれませんが、実は、コペンの車高(最低地上高)は、ノーマルの状態で車検に通るギリギリの高さなのです。

軽自動車の場合、車検に通る最低地上高は、8cm(保安基準)なのですが、コペンはノーマルで11cm。元々から最低地上高が低いという設計になっています。

だから、特にコンビニやガソリンスタンドの出入り口の段差ではボディーの底を擦らないように気をつかいます
>> la400k新型コペンローブSの最低地上高が低い!実は車検ギリギリ?!

雨どいがない、雨の日のトランクの開け閉め

コペンは雨対策が必要です。

たとえば、コペンは一般的な車についている雨どい(運転席の窓の上についている雨よけ)がついていません。(ルーフ開閉に支障がでるので) だから雨の日は、運転席の窓に水滴がどんどん付着して、視界が非常に悪くなります。

また、雨の日にトランクの上に水滴がたまった状態で、トランクを開けると、水滴が勢い良く流れだして、トランクの中に浸入。コペンの取扱説明書にも、「雨の日にトランクを開ける際は、水をタオルで拭き取ってからにしましょう」と書かれています。 常にトランクにタオルを1枚用意しておいたほうがいいですね。

ドライブスルーが不便

マック、スタバなど、コペンでドライブスルーをすると、車高が低いので、お会計の時のお金の受け渡しが難しいです。

私が実際にコペンでドライブスルーを体験してみた時の感想がこちらの記事でまとめてあります。
>> オープンカーのコペンでマックとスタバのドライブスルーをしてみた感想

車のお手入れも気をつかう

コペンはオープンカーなので、特にルーフ開閉部分にはゴムパッキンが使われています。このゴムパッキンは、実際にコペンの屋根を見てもらうとわかりやすいですが、外にむきだしになっています。

外にむきだしになっているということは、紫外線の影響を直に受けるということです。

ゴムが経年劣化して、硬くなりゴム本来の機能が失われると、ルーフから雨漏りがしたり、ミシミシときしむ音がしたりするなどの症状をもたらします。

また、ダッシュボードや、その他の樹脂部分もオープンにした時に紫外線の影響を受けやすいので、保護剤やコーティングを利用するなど、一般的な車よりもデリケートなお手入れが必要です。

コペンのお手入れ方法についてはこちらの記事を参考に。 洗車などにもこだわりましょう。
>> 新型コペンのゴムパーツ劣化のお手入れ方法 ラバープロテクタントを購入
>> 新型コペンローブS(黒)を手洗い洗車! 親水ゼロウォーターでコーティング

まとめ

コペンは飽きのこない、運転していて楽しい車なので、私も当ブログでさんざんコペンを褒め殺ししていますが、今回はあえてコペンを実際に乗っていて感じた、「コペンの欠点、不便なところ」を、所有者目線で書いてみました。

いかがでしたか?

これからコペンの購入を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。ただ、コペンはこれらの欠点も許せてしまうくらい魅力的で愛着のわく車なので、おすすめですよ。

sponsored link


シェアよろしくお願いします!

2 件のコメント

  • 2017.12.28にコペンローブを購入しました。
    ゴムの劣化は気になっていた部分なので、とても参考になりました!
    早速ホームセンターに買いに行きます┏●

    • しまさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      コメントの返信が大変遅れてしまい申し訳ないです。
      2017.12.28にコペンローブを購入されたのですね。契約?それともすでに納車されたのでしょうか?

      オープンカーのコペンは思った以上にゴムパーツが多く、劣化防止のためのお手入れも大変ですが、そこがまたコペンに愛着がわく部分の1つで面倒だと思う気持は微塵もなく、むしろ自分の子供のように手塩をかけてかわいがってあげるという楽しみがあります。軽電動オープンハードトップという世界に唯一の日本が誇る特別な乗り物なのでずっと大切にしたいですね。

      これから素敵なコペンライフをお互いに楽しみましょう。
      これからも当ブログをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す