ダイハツ コペンの給油口の開け方 給油口レバーはどこにある?

コペン契約から長い間まって、待望のコペンが納車! 天気もいいし、早速ドライブにでも出かけてみよう!でも、ガソリンがあんまり入っていないからガソリンスタンドで給油してからにしよう!

ガソリンスタンド到着後・・・

「あれ?コペンの給油口を開けるレバーはどこにあるの?!」

って、初めて、コペンにガソリンを給油しようと思った時に焦ったことはありませんか?

今までの車なら、運転席の足元の右下にあるはずの給油レバーが、ダイハツ・コペンにはない!おそらく、コペンに初めて給油しようとする多くのコペンオーナーが最初にぶつかる問題だと思います。

さて、肝心のコペンの給油口レバーは一体どこにあるんでしょう?

sponsored link


コペンの給油口レバーはコンソールボックスの中

コペン 給油口レバーの開け方

座席の間にコンソールボックス(上画像)がありますよね?

コペンの、給油口レバーは、このコンソールボックスの中に隠されています。

コペン 給油口レバーの開け方

ちょっと暗くて見づらいですが、コンソールボックスの中です。

黒い取っ手のついたレバーが見えますか?これがコペンの給油口オープンレバー。このレバーを上に引き上げると、コペンの給油口がオープンします。なんとトリッキーな。

ちなみに、コペンのトランクを開けるスイッチもコンソールボックスの中にあります。

コペン 給油口レバーの開け方

コペンの給油口はこちら。大きめの円状で、うまい具合にボディーに一体化していて、デザインの1つとしておもしろいですね。

コペン 給油口レバーの開け方

ちなみに、ディーラーオプションでは、メタルカーボン調の給油口にもカスタマイズできるようです。(1万5千円程度)

私は、あんまり主張しすぎるデザインは好みではないので、純正のままで行こうと思います。

給油口レバーを開けやすくする工夫?

コペンの給油口は、座席の間のコンソールボックスの中(しかも奥の方)にあるので、体をねじってコンソールボックスの奥に手を入れてレバーを引き上げるのは、ちょっと不便ですよね?

ネットで検索してみると、コペンオーナーのみなさま、給油口レバーを開けやすくするために工夫されているみたいですよ。ネットで見つけたコペンの給油口を開けやすくするための工夫を2つ紹介。

給油口レバーにストラップをつける

給油口レバーにストラップ(ヒモ)を引っ掛けて、コンソールボックスの奥にまで手をつっこまなくても、ストラップを引き上げるだけで給油口を開けることができるので便利。

給油口オープナーを増設

「給油口オープナー」といって、今までの車のように、スイッチを押すだけで給油口を開けることができるスイッチを増設しているオーナー様もいました。ただ、配線や電気系統をいじることになるので、機械いじり初心者にはやや難易度が高いという印象。

でも、スイッチを押すだけで、給油口が開けば、デザインを損なわずに機能性がアップするので便利ですよね。

まとめ

コペンの給油口の開け方でした。

私も、てっきり今までの車の感覚でガソリンスタンドに向かったら、給油口レバー見つからずに焦って、慌てて取扱説明書を広げたのを覚えています。給油口レバー、トランクオープンスイッチ、エンジンルームのボンネットの開け方は、どこにあるのか最初戸惑うかもしれませんね。

sponsored link