新型コペンローブS【mt】の中古車購入記9 希望ナンバー「・・・1」を取得

新型コペンローブS 中古車購入記

紆余曲折あって、本命のコペンローブS(mt、黒)を2万円の値引き、総額189万円でお買い得に購入できたわけですが、最後の問題は、希望ナンバー「・・・1」を取得できるかどうかです。

当ブログのカテゴリー「白ナンバー」で、希望ナンバーの申し込み方法や抽選の流れ、取得費用(料金)のことは詳しく書いてありますので、これから希望ナンバーを取得しようと考えていらっしゃる方は、そちらの記事を参考にしてください。

sponsored link


「・・・1」は全国的に人気の希望ナンバー

新型コペンローブS 中古車購入記

車を購入する時に希望ナンバーを申し込みする方は、全体の60%ほどいらっしゃるようです。

新しい車を購入して心機一転、自分の思い入れのある数字や、縁起のいい語呂などを希望ナンバーにすると、車への愛着が更に増すような気がします。私は基本的に、今回の希望ナンバーに限らず、普段から「自分のものは自分で選ぶ」という強いこだわりがあるので、自動的に与えられるナンバーよりも、自分で選べる希望ナンバーの方が好きです。

さて、私が申し込みをした希望ナンバー「・・・1」ですが、希望ナンバーにも人気度があって、「1、7、8、111、888」のような縁起のいい数字は、全国的に人気度も高く、抽選に当選しないと取得できない形になります。

ちなみに、今あげた人気の希望ナンバーは、東京、大阪、名古屋などの都市部ほど抽選に当選する確率は低くなります。地方と比較して、都市部は圧倒的に競争率が高いからです。

私のような福井県(しかもコペンは軽自動車)なので、全国的に人気の希望ナンバーを申し込みして抽選になったとしても、競合もいなく、意外とあっさり当選できるとも言われています。

といっても、運やタイミングにも左右されるのが希望ナンバーなので、私はダメ元で「・・・1」を申請しました。ダメだったとしても、デメリットといえば、車の納車が遅くなることくらいしかないので、せっかの機会ですし。

希望ナンバー「・・・1」はあっさり取得できました

希望ナンバーは、その週(月〜日)に申請されたものを、翌週の月曜日に抽選して当選者を決めるというシステムになっています。

なので、希望ナンバーの抽選の結果を知ることができるのは、申請した翌週の月曜日になります。

希望ナンバーの取得申し込みは、ネットから自分でもすることができますが、私は手続きはすべてディーラーにお願いしていたので、希望ナンバーが当選したら、ディーラーの営業担当の方から電話連絡があることになっていました。

希望ナンバーは、あっさり当選

人気の希望ナンバー1が抽選で当選新型コペンローブSの白ナンバー、希望ナンバー取得

希望ナンバーの「・・・1」はダメ元で申請したので、そこまで期待はしていなかったのですが、1回目の抽選であっさり当選し取得することができました。(上の画像は暗いところでとったので、やや黄色っぽく見える?)

本命のコペンローブS(mt、黒)+白ナンバー+希望ナンバー

 

あとは納車を待つのみ

希望ナンバー&白ナンバーを取得でき、あとはコペンローブSの納車を待つのみ。

実は、希望ナンバーが取得できてから、いろいろごたごたしていて、本来なら11月2日(11月の連休前)に納車されるはずのコペンローブSでしたが、納車予定日が11月10日と一週間以上伸びることになりました。

何か、目の前に餌をぶらさげられて、ずっとおあずけさせられているようなもどかしい心境でしたが、いよいよ待ちに待ったコペンローブSが納車されます。

>> 新型コペンローブS【mt】の中古車購入記 ブログ記事まとめ

新型コペン中古車購入の注意点

新型コペンを中古車で購入する際の注意点を一覧形式でまとめました。
>> ダイハツコペン中古車購入の注意点・チェックポイントはどこ?

sponsored link