新型コペンローブS【mt】の中古車購入記7 商談が流れた!

新型コペンローブS 中古車購入記

週末にダイハツディーラーの営業担当の方から来るはずの電話連絡が来ず、月曜日を迎えました。

電話がかかってきたのは月曜日の夜7時。

スマホの着信が鳴り、画面を見ると、ディーラーの営業担当の方の電話番号が!

「やっと電話がかかってきた!」と嬉しかった反面、私が本命のコペンローブS(mt,黒)を購入できる確率は2分の1。場合によっては、天国、場合によっては一瞬にして地獄に叩き落とされる可能性をもった、まるで最後の審判がくだされるかのような過酷な瞬間でもあります。

手に汗握る張り詰めた空気の中、電話の向こうのディーラーさんからの答えは

sponsored link


「◯◯さん、例のコペンの商談が流れましたけど、どうしますか?」

新型コペン(la400k)のカスタムパーツを通販

審判の答えは、天国でした。

どうやら、商談されていた方が、他のコペンを購入することになったようです。

商談をしていた方が最終的に購入したのは、bbsホイール付きのCVTコペンローブ。ダイヤトーンサウンドナビと、bbsのホイールを天秤にかけて、bbsホイールの方が魅力的に映ったのでしょうね。(もしくはオーディーナビは既に持っているから、bbsホイールを選んだか)

ディーラーの営業担当の方いわく、

「◯◯さんが、コペンローブSを購入できるように、商談の方は、違うコペンにうまく誘導しておきましたよ」

と、営業トークなのかどうかは分かりませんが、それはどうでもいいことで、とにかく私の本命の、あの完璧すぎる条件だったコペンローブS(mt、黒)を購入する権利を得たのです。

ディーラーさんからの

「コペンどうしますか?」

という質問に対しては、当然ふたつ返事で

「のどから手が出るほどこの瞬間を待ってました。もちろん購入させていただきます!」

でした。

なんともいえない安堵感

新型コペンローブS 中古車購入記

初めての中古車購入で、あまり中古車購入の要領が分かっておらず、立て続けに商談中や売買契約済という厳しい現実をつきつけられて、少し出遅れた感はありましたが、それでも奇跡的に本命のコペンローブS(mt、黒)を購入できた時は、なんとも言えない安堵感がこみ上げてきました。

もし、今回のコペンローブS(mt、黒)をはずしていたら、また1からのコペン中古車探しということになりますからね。

さて、コペンローブSの購入権を得て、あとは契約を済ませて、納車を待つのみの状態になりました。ただ、私はコペンを購入する際に、希望ナンバーを申し込もうと考えていたので、自分の希望通りの買い物をするには、もう一山越えないといけません。

>> 新型コペンローブS【mt】の中古車購入記 ブログ記事まとめ

新型コペン中古車購入の注意点

新型コペンを中古車で購入する際の注意点を一覧形式でまとめました。
>> ダイハツコペン中古車購入の注意点・チェックポイントはどこ?

sponsored link