新型コペンローブS【mt】の中古車購入記5 探し方の注意点【スピードが命】

新型コペンローブS 中古車購入記

さて、中古車購入記エピソード4では、ディーラーや中古車販売店(カーセンサーさん)で、相次いで、狙い目のコペンローブS(mt)が売買契約済みや、商談中といった状況が連続したというお話でした。

コペンローブS(mt)は、全国的に探しても中古車の玉数が少なく、CVTが多いのです。

ダイハツディーラーさんの話でも、コペンを新車購入される方は、CVT : MT=7 : 3の割合でCVTの方が圧倒的に売れているのだそうです。よくコペンと比較されるホンダのS660は、MTを購入する方が6割と、ここに、コペンとS660を購入する層の違いの特徴が表れていますね。

さて、今回の2軒連続で「売買契約済」や「商談中」という結果に終わり、お目当てのコペンローブS(mt)をその場で購入できなかった経験から学んだ教訓があります。

sponsored link


中古車の探し方のコツ

新型コペンローブS 中古車購入記

中古車探しはスピードが命

中古車の探し方のコツは「スピードが大切」だということ。

特にコペンのような人気車、かつその中でも玉数(在庫)の少ない中古車を購入する際には、カーセンサーやガリバーなど、ネットで検索できるタイプの検索情報サイトに既に掲載されている情報で探していたのでは遅いということです。

ネットで中古車情報が掲載されている時点で、今回の私のケースのように、既に商談が入っている可能性がありますし、そもそも、ネットに掲載される前に、程度のいい目玉中古車は契約者が決まっていることもあります。

なぜなら、ディーラーや、中古車販売店舗のスタッフは、次に入庫してくる中古車情報を把握しているからです。

ディーラーのコペンスタイリスト

la400k新型コペンローブ、セロのカスタムパーツ ルーフ開閉

ダイハツディーラーのコペンスタイリスト(コペン専属アドバイザー)の方と、「コペンローブS(黒)が商談中」というお話をした際に、「再来週辺りに赤のコペンローブSが入ってくる予定ですよ。それはCVTタイプですがね。」という情報提供をしてくれ、実際に、その赤のコペンローブSは、まだネットに掲載されていませんでした。

つまり、私が、「黒のローブS(mt)を諦めるから、その赤のローブS(CVT)を買います!」と、その時言っていれば、競合もなく商談に入ることができたわけですよね?

実際に、コペンスタイリストの方が言っていた赤のコペンローブS(cvt)は、私が車を契約した翌週にダイハツディーラーの駐車場に展示されていました。

ガリバーさん

コペンローブS(mt・黒)が商談中ということで、万が一、先客の商談が流れず私が購入できなかった時のための次善策として、ガリバーさんにもコペンローブS(mt)の中古車を探してもらっていました。

自分でネットで検索するより、ガリバーさんのスタッフしか手に入らない、より上流の情報を手に入れないと、競合が多くなってしまって自分が納得できる中古車選びができないと、今回の件で悟ったからです。

ちなみに、ガリバーさんが私に提供してくれた情報は、「コペンローブ(mt・赤)の登録済み未使用車」の在庫情報でした。もちろんまだネットでは公開されていない情報です。ガリバーさんは、車の業者オークション時点の最上流の情報を持っています。一般人ではアクセスできない情報です。

ガリバーさんのホームページを見ると、「ガリバーに中古車を探してもらう」という、自分の氏名、電話番号を入力することで、中古車検索を依頼できるのをご存知ですか?

そこには、「未公開情報にアクセスできます」と書いてあるのですが、私はこの文言は、「客寄せのための表面的な営業文句」だと思っていたのですが、実際に利用してみると、本当に未公開情報にアクセスできます。

現に、ガリバーさんからは、一般の方が決してアクセスできることのない、「オークション段階のコペン情報」を流してもらえたのですから。ガリバーさんに紹介していただいた、赤いコペンローブ(mt)は価格が190万円と、新車で購入するのとほぼ変わらない価格だったのでお断りしましたが。

>> ネット非公開中古車をガリバーで探してもらう方法と流れ【無料】

条件を指定して、あとはひたすら待つ

新型コペンローブS 中古車購入記

自分の希望にあった条件の中古車を効率よく手に入れるには、自分でネットで検索するのでなく、

「ディーラーや中古車業者に自分が希望する中古車の条件を指定して、条件に合う中古車が出てきたら、1番に連絡してもらう」

という待ちの姿勢に見えながら、実は超攻撃的で競合を一気に出し抜けるという戦略をとった方が、最も効率的だと思います。特に人気のコペン。そのコペンの中でも「この条件の中古車を買いたい!」という場合は、ネットに情報が掲載されてからでは競合が一気に増えてしまいますからね。

  • 年式
  • 走行距離
  • グレード(ローブ?セロ? 標準?Sタイプ? mt?cvt?)
  • 予算(価格帯)
  • ナビ付きなど

これらの項目をディーラーや中古車販売店のスタッフに伝えておけば、業者しか持っていない未公開情報にアクセスすることと同じになので、あなたが希望する中古車をゲットできる可能性がグンと高まります。

私が今回コペンローブS(mt・黒)を購入した経験の中で痛感した、中古車探しのコツが、あなたの中古車探しの参考になれば幸いです。

>> 新型コペンローブS【mt】の中古車購入記 ブログ記事まとめ

新型コペン中古車購入の注意点

新型コペンを中古車で購入する際の注意点を一覧形式でまとめました。
>> ダイハツコペン中古車購入の注意点・チェックポイントはどこ?

sponsored link