新型コペンローブS【mt】の中古車購入記10 納車日当日

新型コペンローブS 中古車購入記

いよいよコペンローブSの納車日当日。

天気は、澄んだ空気の綺麗な秋晴れ。気温も、暑くもなく肌寒くもなく、といった感じで、コペンをルーフをオープンで走らせるのにも、ちょうどいい日和になりました。

今日からコペンローブSに乗れると思うと、それだけでテンションが高まります。

これは、コペンローブS購入後に起こった実際の私の心境の変化で、私はあまり外出をしないタイプ(最近はなんでもかんでも通販でモノを購入できる)なのですが、コペンローブSが車庫にいつでもあるということを考えると、「特に外出の理由がなくても、外出の理由を強引に探しだして、コペンローブSを運転したい」という衝動にかられることが多々あります。

それくらい「車を運転する楽しみ」を実感させてくれるのがコペン。

sponsored link


ディーラーに到着

新型コペンローブS 中古車購入記

ダイハツディーラーに到着。

ディーラーでは、今回、私のローブSを購入をサポートして頂いた営業の方と、コペンスタイリスト(コペン専属アドバイザー)の方が私を迎えてくださりました。

「納車予約席」に案内されてコーヒーをオーダー。(ちなみにダイハツディーラーのコーヒーの味は、私の好みで、結構おいしいです。)

やはり、コペンの契約前のディーラーの店内雰囲気と、納車日当日のディーラーの店内雰囲気では、気分がまったく違います。契約前のディーラーは少し重苦しい感じがしますが、契約後のディーラーは解放感にあふれて、わくわくした気持ちでいっぱいなので、店内が心ばかり広く感じるような。

営業担当の方から、書類に関する説明や、今後のコペンのメンテナンスの話など、約30分程度の最終確認があった後、いよいよキーを渡されてコペンローブSが置いてある整備スペースへ。

そこには、コペンローブS(mt、黒)が置かれていました。

初めてコペンを試乗した時以来の運転席。

やはり、コペンを乗り降りするときはやや苦労しますが、運転席に座ってしまえば、コペン独特の車内空間の狭さ、またコペンローブS標準装備のMOMOステアリング、レカロシート、そして5速マニュアルMTシフトバーが、これからスポーティーな走りを楽しめる高揚感を高めてくれます。

これは、誇張ではなく、実際にコペンローブSの運転席に座ると、心理的に気持ちが高まるのです。運転前からわくわくさせてくれるのがコペンの魅力の1つ。

せっかくの秋晴れなので、ルーフオープンにし、あえて海岸沿いを通って納車日のコペンローブS初ドライブを楽しみました。福井県には越前海岸という海岸ドライブコースが南北にわたって続いているので、コペンのドライブには最適な自然に恵まれた地域です。

コペン中古車購入記、コペンローブSとの出会いから、納車まで、私がコペンローブSを中古で購入した時の、紆余曲折や、中古車購入の際に大切だと思ったこと、気づいたことを10回にわたってお届けしました。

>> 新型コペンローブS【mt】の中古車購入記 ブログ記事まとめ

新型コペン中古車購入の注意点

新型コペンを中古車で購入する際の注意点を一覧形式でまとめました。
>> ダイハツコペン中古車購入の注意点・チェックポイントはどこ?

sponsored link