新型コペンローブS【mt】の中古車購入記1 コペンとの出会い

新型コペンローブS(mt)の中古車購入

私がコペンローブS(mt)を中古で購入したのは、平成29年11月10日(金)。

ただ、私はダイハツの「コペン」という車があるということを、実は1年前まで知りませんでした。

私がコペンを知ったのは、ごく最近のことです。実際、コペンを購入する時に、コペンについていろいろ調べてみましたが、旧型コペン(l880k)が販売開始されたのは、2002年のようですね。2002年というと、今から約15年前。私が高校生の時です。

sponsored link


どうしてコペンを今まで知らなかったのか

15年も前から販売されているコペンにどうして今まで気づかなかったというと

  • 周囲にコペンに乗っている人がいない
  • 街を運転していても、コペンに出会ったことがない
  • 車にほとんど興味がなかった
  • テレビを見ないので、コペン関連の情報が入らない

いくら販売台数の少ない車だとしても、1台くらいは、道路を走っていてコペンを見かけてもいいと思いますよね?コペンは特徴的なデザインをしているので、見かけたらすぐ気づくはずなので。

また、コペンに出会うまでは、車にほとんど興味がありませんでした。

メジャーな車の名前は、国産輸入車問わずある程度は知っていますが、あくまでも、車は「乗れればいい、交通手段」という価値観の持ち主だったので、車を購入する際にも、特に「この車にどうしても乗りたい!」という車種もなく、デザインがある程度自分の気に入る車だったら何でもいいというスタンス。

また、最近の車は、オートマや自動運転機能など、どんどん機械任せで運転機能が簡素化され、「運転する楽しみ」が減ってきていたので、なおさら車への関心が薄れてきていたところです。

そんなわけで、車の情報を自分で細かく調べたこともありませんし、それにテレビや車雑誌、車関係のサイトを普段まったくと言っていいほど見ないので、コペンのようなマイナーな車は、情報として入手できなかったのだと思います。

弟からコペンの話を聞いた

新型コペンローブS(mt)の中古車購入

私と対称的に、弟は車が大好きなのです。

弟は昔から、「グランツーリスモ(車を操作するゲーム)」が好きで、車情報雑誌も普段から読んでいます。弟は車を購入する時にでも、「次はこの車がほしい」といったように明確に乗りたい車が決まっているタイプ。

そんな弟と車の話をしている時に、ダイハツが販売している「コペン」という車があることを聞きました。

弟の話を聞いていくうちに、コペンは2人乗りの軽自動車で、しかもルーフがオープンにできる、という車だということを知り、正直、その時はデザインのことなどもあまり詳しくは分からず、いまいちピンとこなかったのですが、とりあえず家に帰ってパソコンでコペンのことを調べてみることに。

コペンはおしゃれだった


出典: ダイハツ

家に帰って、早速グーグルで「ダイハツ コペン」と検索。

すると、画面いっぱいにコペンのイメージ画像がでてきて、それを見た瞬間

「あれ?コペンって、意外とおしゃれでかっこいい」

と思いましたね。

また、

「軽自動車、オープンカー、マニュアルMT」

という、ちょっと今までの車ではなかなかない新感覚のコンセプトに「ビビビ」と、車に興味がなかった私でも心が揺らぎました。価格は約200万円。軽自動車にしては少し高めだけれど、第一印象で、おもしろそうな車だと思ったので、とりあえず実物を見てみたいと思い、試乗をかねて、近くのダイハツのディーラーに足を運ぶことに。

>> 新型コペンローブS【mt】の中古車購入記 ブログ記事まとめ

新型コペン中古車購入の注意点

新型コペンを中古車で購入する際の注意点を一覧形式でまとめました。
>> ダイハツコペン中古車購入の注意点・チェックポイントはどこ?

sponsored link