現行型コペンの黒色はかっこいいけれど汚れが目立つなど手入れが大変!

現行コペンローブの黒色はかっこいい

私は現行型コペンローブ(mt)の黒に乗っていますが、たしかにコペンローブの黒は、「ルーフの色がボディーと同色」など、全体として黒で統一されていて、綺麗にまとまってすっきりしたデザインに見えて、かっこいいと思います。※ちなみにセロだったら私は赤(マタドールレッドパール)が好きです。

それに

  • 街をドライブして見かけるコペン
  • ユーチューブなどでコペンオーナー様がアップしているコペン・ツーリング動画など

を見ていても、黒色のコペン(ローブ、セロ)はなかなかみかけません。現行型コペン(ローブ、セロ)でよく見かけるボディーカラーは、白、赤、青、黄ですかね? これらのボディーカラーが多い印象です。

「オープンカー」ということで、少し弾けた原色系の色を選ぶ方が多いのかもしれませんね。

私がコペンローブSのボディーカラーを黒にした理由としては、

  • ルーフ(屋根)とボディーカラーが同じ色
  • よく言われる現行コペンローブのフロントデザインがごちゃごちゃしている原因である「涙目部分」が黒だとボディーカラーと同じ色なのでスッキリして見える

ということですね。

ちょうどヘッドライトからフォグランプがついているあたりまでのライン(造形)のことです。

現行型コペンローブSの黒色はかっこいい

他の現行コペンだと、同じ部分がボディーカラーが異なるため、少しうるさいデザインになっているかな(デビルマンのテールランプに加えて、ネットでよく酷評される部分の1つ)とも思います。これはこれでありだと思いますが。

コペン・ローブS MTのスペック

ボディーカラーが黒だと、同じような角度から見ても、涙目の部分がボディーカラーに溶け込んでいて違和感がない。

冒頭にも書きましたが、私は現行型コペンローブのボディーカラーの中では、黒色が一番気に入っています。この黒も、「ブラックマイカメタリック」といって、少しラメが入ったような光沢のある高級感ある黒なのです。

また、私のように、

「コペンローブの黒(ブラックマイカメタリック)が欲しい!」

という方もいらっしゃると思いますが、「かっこいい黒」とひきかえに、車のボディーカラーで「黒」を選択するということは、「汚れが目立つ」という問題を避けては通れません。これは、私が実際にコペンローブS(mt)のブラックマイカメタリックを所有しているオーナーの立場としてひしひしと痛感しております。

黒い車を所有するということは、こまめな洗車、お手入れなど、ある種の「覚悟」が必要。特にオープンカーのコペンの場合、ボディーがほこりっぽく汚れた車でオープンなんて恥ずかしくて乗れません。本当に、乗るのをためらうくらいに汚れます。

 

sponsored link


黒い車は汚れが目立つし、お手入れが大変です

私のように、

「現行コペンを買うなら、黒色がいい!」

という方もいらっしゃると思いますが、

「黒いコペン(ローブ、セロ)を買ったはいいけれど、汚れは目立つし、手入れが想像以上に大変すぎるから、汚れが目立たない他の色にすればよかった」

と後悔しないためにも、

  • 普段どのくらいの頻度で洗車をしているのか
  • 具体的な手入れ
  • 「汚れが目立つ」以外の黒い車のデメリット(特に青空駐車の場合)

黒コペンローブSオーナーの私が、日々、コペンローブS(黒)のお手入れで痛感していることを紹介したいと思います。ボディーカラーを選ぶ際の参考になれば幸いです。

黒いコペンのデメリット

新型コペンローブSの欠点を辛口評価レビュー

洗車回数は週に1回以上

コペンに乗る頻度や距離によりますが、最低週に1回は洗車しています。

私の場合は今の所、セカンドカーとしてコペンローブSを所有していますが、あまりにもコペンローブS(mt)の運転が楽しすぎて、ファーストカーになりつつあります。そうすると、必然的に車を動かす機会が増え、車が汚れやすくなりますよね?

今の所、最低週に1回は洗車しています。

洗車方法としては、

  • 2週間に1回はカーシャンプー(シュアラスター製品)を使った手洗い洗車
  • その他は、シャンプーを使わない水洗いのみの手洗い洗車

月に4回は洗車しているということですね。汚れが気になる時には、もっと洗車回数が増えることもあります。たとえば、休みの晴れた日に洗車して、そのまま約100km程度のドライブに出掛けて帰ってきたら、車がすでに汚れているなんてことも。

基本的に、機会があればいつでもオープンにして走りたいと思っているので、車は常に綺麗にしておくように心がけています。泥がはねた状態や、ほこりかぶって白っぽくなった状態のコペンでは、恥ずかしすぎてオープンにはできません。

雨の日の後は洗車確率が高い

雨の日にコペンローブを運転した次の日には、たいていボディーが「白っぽいまだら模様」になっています。大気中の砂埃が雨に付着して、そのまま乾燥するからです。

雨の日にコペンを走らせた後は、洗車が待っていると割りきった方が楽ですね。ただ、シュアラスターのゼロウォーターというガラスコーティングをするようになって、雨後の汚れのひどさが幾分か軽減されたように効果を実感しています。

青空駐車の方は、さらに注意

青空駐車でコペン(黒)を所有されようとされている方は、

  • ウォータースポット
  • イオンデポジット

という、車庫付き駐車場のオーナーと比較すると、「太陽光線」に注意を払わないといけません。これらは、車が汚れの原因になると同時に、大切な車のボディー(塗装面)を痛めてしまいます。

ウォータースポットやイオンデポジットによる黒い車のボディーへの影響について詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。
>> コペン(オープンカー)を青空駐車するデメリットとは?お手入れの注意点

傷が目立つ

黒いボディーは傷をつけてしまうと、とても目立ちます。

傷の種類も、ボディーを擦ったような大きな傷はもちろんのこと、少し硬め素材のタオルで拭いた時にできてしまった傷とは分かりにくい、とても小さな傷でも、その部分が白くくすんで見えるので、黒い車は非常にデリケート。

洗車用のカーシャンプーでも「ノーコンパウンド=研磨剤不使用」のものを選んだり、洗車後の車を拭き上げるタオルにも「専用のマイクロファイバータオル」を使用するなど、道具にもこだわる必要あり。

私の場合は、「シュアラスター」というメーカーの洗車用具で、カーシャンプーからボディーコーティングまで揃えています。

* カーシャンプー(シュアラスター)

コペンローブS(黒)を洗車 親水ゼロウォーター

*ガラスコーティング(シュアラスター)

コペンローブS(黒)を洗車 親水ゼロウォーター

*マイクロファイバータオル(シュアラスター)

シュアラスター 親水ゼロウォーターの使い方動画

「シュアラスター」の洗車用品は、自動車情報総合サイトで有名な「みんカラ」でも、かなり高い評価を得ています。実際、シュアラスターの洗車用品を使って洗車してから、

  • 今までの洗車時間が約3分の1に(時間短縮)
  • コーティングが非常に簡単
  • かつ、汚れもよく落ちる

お手入れがデリケートな「黒い車」にとっては、イチオシの洗車用品だと思っています。

シュアラスターの洗車用品について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
>> シュアラスター カーシャンプー1000の使い方動画と評価【泡立ちいい】
>> シュアラスター 親水ゼロウォーターの使い方のコツと評価【動画】

コペンの洗車は楽

コペンはボディーサイズが小さいので、洗車はとっても楽です。洗車だけであれば、15分〜20分あれば終わります。

私の場合は、自宅で手洗い洗車をするので、汚れが気になればいつでも洗車することができますが、中には、コイン洗車を使って洗車する方もいらっしゃいまスよね?その場合、時間や金銭面で洗車頻度に制約ができる可能性もあると思いますから、その辺も考慮した上でボディーカラーを選択すると失敗しないと思います。

洗車が苦手な方はブルーやシルバー系が後悔しないかも?

おそらくコペンを購入される方は、「オープンにできる」というところに魅力を感じて、天気のいい日に手軽にオープンドライブを楽しみたい!という方が多いのではないでしょうか?

先程も書きましたが、黒は汚れが目立ちます。

ボディーが汚れたまま洗車せずに放っておくと、車が汚すぎて、とてもオープンにして走れるようなレベルの汚れではありません。本当に、オープンにするのが恥ずかしいと思えるレベルの汚れです。

オープンドライブを楽しむために、せっかくコペンを買ったはいいけれど、あまりの洗車の手間にうんざりして、結局オープンにしなくなってコペンに愛着を感じなくなってしまった、なんてことがあれば残念ですよね?

コペンは新車、中古問わず200万円近くする車ですしね。

もし、あなたが、「自分はここまでまめに洗車はできないな〜」とお感じになったのであれば、汚れがあまり目立たない、シルバーやブルー系のコペンを選択してはいかがでしょうか?

まとめ

全体として統一感のある、かっこいいコペンの黒(ブラックマイカメタリック)ですが、そのかっこよさの反面、

  • 汚れが目立つ
  • お手入れが大変

というデメリットもあります。

コペンは「オープンカー」という特性上、オープンドライブを楽しみにして購入される方が多いと思いますので、これからコペンを購入しようと考えていらっしゃる方で、「どのボディーカラーにしようかな〜」と悩んでおられるのであれば、「購入後のお手入れのしやすさ」を考慮された上で選択されると、失敗のない楽しいコペンライフを楽しめるのではないかと思いました。

私は、そのデメリットを受け入れてでも、コペンローブSの黒の美しさ、まとまり感に魅かれたので、迷わず黒(ブラックマイカメタリック)を購入しましたが、私にとってはコペンローブの洗車の時間も、コペンローブと向き合う楽しい時間の1つになっています。

sponsored link