新型コペンの人気グレードモデルと売れ行き セロとローブどっちが人気?

新型コペンの人気グレードモデル

新型コペンは、セロ、ローブ、エクスプレイ(それぞれ「標準とSタイプ」、」「5MTとCVT」)と外見だけでなく、内装や装備の違いなど、全部で12種類(各4種類✕3)のグレードがあります。

街乗りやドライブを楽しみたい方は標準モデル、内装も走りもさらにスポーティーに楽しみたいという方は5速マニュアルMT Sモデルといった風に、ライフスタイルや運転感に合わせて、自分好みのモデルを細かく指定して選べるのが、新型コペンの魅力の1つです。

私の乗っているコペンは、コペンローブS(5速マニュアルMTタイプ)です。

私の場合は、新型コペンの綺麗な流線型のクーペデザインに、レカロシート、MOMOステアリング標準装備、かつ5速マニュアルMTでゴリゴリとシフトレバーを操作できるという、スポーティーな走りも楽しめる臨場感が気に入ったので、最終的にローブSに決めました。

外装は女性的で内装は男くさい。そんな中性的でギャップのあるコペンローブSが好きです。

あなたは、どのコペンが好きですか?

さて、そんな男性からも女性からも人気のコペンですが、いったいどのグレードモデルが人気なのか売れ行き(販売シェア)が気になりませんか? ヘッドライトが丸目でかわいいセロ、ちょっと角ばった男っぽいローブ、ボディーが個性的なエクスプレイ。モデルごとに特徴があるコペンですが、今回は、コペンで人気のあるグレードモデルはどれなのか調べてみました!

sponsored link


新型コペン 人気グレードモデルランキング

八重洲出版が毎年、出版している「driver オール国産車&輸入車完全アルバム」という車雑誌をご存知ですか?

この雑誌の中に、新型コペンでどのグレードが人気なのかランキングが紹介されていました。

1番人気は「コペンセロ」


出典: グーネット

新型コペンで1番人気だったのは「コペンセロ」です。

LA880K初代コペンのイメージを引き継ぐ、ヘッドライトが丸目でかわいらしい印象のセロ。国産車にはなかなかない愛くるしいデザインで、ヨーロッパという雰囲気がほんのり漂っていますね。

私も街をドライブしていて見かけるコペンは、セロが圧倒的に多いです。よく見かける色は、白、赤、緑ですかね。ちなみに「ブリティッシュグリーンマイカ(緑)」というボディーカラーは、セロ限定カラーなんですよ。(オプション無料)

1番人気のコペンセロの支持率は、なんと半数の「50%」!

2番はコペンローブ(標準)

セロのかわいらしい丸目のヘッドライトとは対象的に、ローブのヘッドライトは、角ばっていて、どちらかというと街乗りというよりも、スポーツカーという印象があります。

他のボディーデザインは変わらないのに、ヘッドライトを変えると同じコペンでもガラッと印象が変わりますよね?

ローブ(標準モデル)の支持率は20%。

3番はローブS

コペン・ローブS MTのスペック

実際に私の乗っているローブSです。

外装デザインは、標準モデルのローブと同じですが、Sタイプのローブは、内装や装備がよりスポーティーになっていて、スポーティーな走りの臨場感を楽しむことができます。5速マニュアルMTをチョイスすれば、装備はスポーツカーです。

標準ローブとの違いは

  • シートがレカロシート
  • ハンドルがMOMOステアリング
  • ダンパー(サスペンション)がビルシュタイン・ショックアブソーバー

Sタイプでは、これらが標準装備になっています。標準モデルとの価格差は約20万円です。

コペンローブSの人気支持率は15%。

エクスプレイは?

個性的なデザインのエクスプレイですが、エクスプレイは今回のランキングでは紹介されていませんでした。

エクスプレイの特徴あるボディーデザインは運転していると目立ちますね。少しアドベンチャーチックというか、アマゾンの森林の中や、月面探索といった、SF映画などに似合いそうな車だと思いました。

まとめ

新型コペンの人気グレードモデルと売れ行き(支持率)を紹介しました。

いかがでしたか?

セロ、ローブ、ローブSで、人気ランキング上位85%を占めていますが、その中でも圧倒的人気は、丸目のヘッドライトがかわいいセロ。新車購入価格を見ても、セロのほうが、ローブやエクスプレイよりも約54,000円高い値段設定になっています。

コペンの各グレードごとの新車購入価格の違いがひと目で分かるように価格比較表を作ったので、こちらの記事を参考にしてください。>> 新型コペンの新車購入価格表(ローブ、セロ、エクスプレイ)一覧まとめ

PS.

ちなみにコペンは「着せ替え」ができるってご存知でしたか?

「ドレスフォーメーション」という世界初の発想で、注目を浴びているのですが、セロ→ローブ、ローブ→セロというように、コペンのドアやボンネットなどの樹脂ボディーパネルを外すことで、スマホカバーのように着せ替えできる仕組みです。

車の着せ替え、コペンのドレスフォーメーションについて詳しくはこちらの記事をどうぞ!

sponsored link


シェアよろしくお願いします!

2 件のコメント

  • コペンは、標準のロープが一番。
    50代車大好きより。
    若い時は、ベンツ.や、BMWアルピナ.フェラーリなど乗り回していましたが、ロープは、最高に楽しい。

    • 匿名さん、コメントありがとうございます。

      50代の方なのですね。
      私の親父と同じ世代です。

      過去に名だたる名車を乗り回されていた経験を踏まえてもコペンローブが楽しいと実感されているのですね。

      私も今まで(32歳まで)車に全く興味がありませんでしたが、コペンをきっかけに車に興味を持つようになりました。
      お互いにコペンライフを楽しみましょう。

  • コメントを残す