新型コペンローブS(mt)の黒赤どっちにするか迷って黒にした理由

新型コペンローブS 赤と黒どっち

新型コペンは、白黒のようなベーシックな色や、赤、青、黄色のようなポップで個性のあるボディーカラーまで、全部で8〜9種類の色の中から自分の好みの色を選択できます。

新型コペンにはどんなカラーバリエーションがあるのか、セロ、ローブ、エクスプレイごとにまとめたので、オプションで選択できる色と色ごとの価格一覧を知りたい方はこちらの記事をどうぞ
>> 新型コペンはボディー色の種類で価格が違う セロ限定カラーあり【画像】

さて、私はコペンローブSを購入する際に、ボディーの色を選ぶ時に候補になったのが、「赤、黒」の2色です。

一般的に、車を購入する際にリセールバリュー(買取り価格の高くなるように)を考えて、人気の白や黒を選ぶ方もいらっしゃると思いますが、私の場合は、今のコペンローブSは多少手をかけながらでも寿命が車で乗り潰すつもりで、最初からコペンを売却することは考えていません。

なので、リセールバリューなど考えなくていいので、とにかく自分が愛着がわくような、何年乗っていても飽きない、納得できる色を選ぼうと思っていました。

私の第一希望のカラーは赤だったのですが、最終的に黒を選びました。

私が、最後の最後まで「赤にしようか黒にしようか」悩んだ結果、どうして第一希望の赤をやめて、黒を選択したのかその理由を紹介します。

sponsored link


新型コペンの赤(レッド)は綺麗


出典: ダイハツ

新型コペンの赤は、「マタドールレッドパール」といって、深いルージュカラーに光沢をプラスしたような、上品な赤です。

イメージとしては、細身のスラっとした女性が乗ると似合いそうな車。

私の家から一番近いダイハツディーラーには、赤コペンが置いてなかったので、家から一番遠いダイハツディーラーまで(車で約1時間)赤コペンの実車の色合いを確認しに行きました。

ダイハツディーラーに着いて、実際に赤コペンを見た時のファーストインプレッションは

「1時間、車を運転して来ただけの価値があった」

ということ。

それくらい新型コペンの赤(マタドールレッドパール)は魅力的に見えます。秋空の太陽の下で、赤コペンの安っぽくないけれど、ギラギラ主張しすぎない絶妙な発色が印象的でした。

ただ、1つだけ残念なことが。

新型コペンのルーフ(屋根)の色は全部黒!

既にご存知の方も多いかも知れませんが、新型コペン(la400k)のルーフの色は、ボディーカラー問わず「黒」って決まっているんです。オプションでも、塗装できるシステムがありません。

ちなみに、旧型コペン(l880k)は、ボディーとルーフの色が同色。

ダイハツ公式サイトの赤コペンの画像やカタログを見ると、ルーフが黒でもそこまで違和感を感じないのですが、実際の赤コペンを見ると、明らかに屋根の黒とボディーの赤が分離してしまっているように見えて違和感満載なのです。

「どうしてルーフも赤にしなかったんだろう」としか思えませんでしたが、ダイハツさんには、ルーフの色を黒にしたのは、なんらかの理由があるのでしょう。(初代コペンは、ルーフとボディーが同色ですからね)

合計3回ディーラーに足を運んだ

冒頭にも書きましたが、私の新型コペンの第一希望のボディーの色は赤(マタドールレッドパール)です。

繰り返しますが、本当に新型コペンの赤は、上品で深みがあって綺麗なのです。ただ、インテリア、ファッションなど、デザインには普段からこだわりの強い私にとっては、どうしても赤コペンのルーフの色が黒なのが納得できませんでした。

なので、実車を3回見ても納得できなければ、おそらくこの先も、この微妙なルーフの色に納得できることはないだろうと思って、1週間間を置いて計3回、自分の家から1番遠いディーラーに赤コペンを見に行くことにしたのです。

何回か見ているうちに、ルーフとボディーの色が同色ではないことに違和感を感じなくなるかも知れないと思ったからです。

結論:やっぱりダメ

そして、結局3回ディーラーに通って、赤コペンのカラーバランスにも慣れるかな?と思いましたが、やはり3回目でもダメでした。どうしても、私のセンスからすると、ボディーとルーフの色が分離しているのは納得できません。

最後は、黒コペン


出典: ダイハツ

黒コペンの黒は「ブラックマイカメタリック」という少し光沢のある黒です。

ブラックマイカメタリックの場合、ボディーの色と屋根の色が同じなので、まったく違和感がありません。

これが実際の私のコペンローブS。

コペン・ローブS MTのスペック

赤もいいですが、コペンの黒も、上品な艶と光沢があって好きです。

まとめ

インターネットの検索を見ても、「コペン 赤 黒」という検索ワードが多いので、私のように、コペンのボディーカラーを赤と黒のどっちにしようか迷っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないかと思います。

私の場合は、赤コペンのルーフの色が黒なのが気に入らなかったので、最終的に黒コペンを選びましたが、中には、「ルーフは黒の方がむしろ好き!」という感性の方もいらっしゃると思います。そのあたりは好みが分かれるところだと思うので、いずれにせよ、コペンを購入する際には、実際のボディーカラーの雰囲気を目で確かめるのがおすすめです。

sponsored link