アジアンタイヤは危険?評価や購入した人の口コミが分かるおすすめサイト

アジアンタイヤは危険?クチコミ評価レビュー

最近、アジアンタイヤが注目を浴びていますよね?

  • ナンカン
  • ハンコック
  • kenda
  • ネクセン
  • クムホ

こちらは、アジアンタイヤの中でも特にメジャーなタイヤブランドですが、「激安タイヤ」、「おすすめタイヤ」と検索した際や、オークションで、アジアンタイヤのメーカーの名前を目にしたこともあるのではないでしょうか?また、台湾のタイヤメーカーである「ナンカンタイヤ」は、通販でタイヤホイールを購入すると装着されているタイヤという印象があります。

sponsored link


アジアンタイヤの魅力は「コスパ」

アジアンタイヤの魅力は、なんといっても「値段が安い」ということに尽きます。

以前の記事
>> ナンカンタイヤの種類や性能の特徴は?AS-1とNS-2の違いは何か調べてみた

でも、国産タイヤとナンカンタイヤ(アジアンタイヤ)の価格を比較しましたが、

  • 【ダンロップ】LE MANS V(ルマン5) → 11,410円/本
  • 【ナンカン】 AS-1 → 5,130円/本

街乗りで、乗り心地を重視した「コンフォートタイプ」のタイヤ(165/50R16)では、約半分の値段でタイヤを購入できるということ。

タイヤを国産の半額で購入できるということは、タイヤを新品で交換してからの寿命を3〜4年として、6〜8年(=タイヤ交換2回)同じ車に乗ることを想定すると、

  • 【ダンロップ】LE MANS V(ルマン5) → 11,410円/本✕4✕2=91,280円
  • 【ナンカン】 AS-1 → 5,130円/本 → 5130円/本✕4✕2=41,040円

差し引き 50,240円

という計算になり、ルマンのタイヤを1回(3〜4年)交換するのと同じ金額で、ナンカンタイヤは2回(6〜8年)交換できてしまうということですね。こんなこともあって、国産の高いタイヤが摩耗して(交換費用をケチって)スリップサインギリギリまで乗り続けるよりも、アジアンタイヤを残り溝のまだ余裕があるうちに新品にはきかえる、ことをされている方もいます。

また、通勤や普段のドライブの街乗り以外でも、サーキット走行や、峠をせめて、グリップ力があり摩耗の激しいタイヤ(=使い捨て感覚)を求めていらっしゃる方にも、手頃な値段のアジアンタイヤは人気です。

こんな風に、「タイヤを使用する用途」を明確にさせれば、アジアンタイヤはコスパに優れた魅力的なタイヤであることが分かります。

ただ、1つ問題なのは、アジアンタイヤはあまり日本市場で浸透していないのか、

「アジアンタイヤ=危険。タイヤを選ぶならブリヂストンなどの国産に限る」

という認識も根強く残っていて、

「アジアンタイヤはいいよ〜」

と言われても、いまいち手が出しづらいですよね?

アジアンタイヤの評価や口コミを確認できるサイト

コペンローブS(mt)レビュー評価

実は、アジアンタイヤの評価や、実際アジアンタイヤを普段、車に装着している人の体験談を確認できる便利なサイトがあります。

評価や口コミといえば、アマゾンや楽天のような商品レビューを思い浮かべますが、アマゾンのようなレーティングシステムは「総合評価」なので、タイヤの商品レビューには少し不満が残ります。

なぜなら、タイヤを評価する指標は複数あって

  • 乗り心地
  • 静粛性(ロードノイズ)
  • 耐久性(長持ちするか)
  • ドライ性能
  • ウェット性能
  • 装着している車(軽自動車か大きめの車か)
  • 燃費向上

など、細かく分かれているからです。

アマゾンや、楽天の商品レビューでは、これらを細かく評価するシステムになっていません。

あくまでも個人が、

  • ナンカンタイヤはコスパがよかった
  • 思ったより早く届きました。

など、タイヤのスペックとは関係ないことや、コスパなどの値段に関することがほとんど。また、この程度のコメントだけでは、レビュー主がタイヤの性能について詳しい人なのか判断ができませんよね?

もしかすると、タイヤの性能のことをよく分かっておらず、ただ「アジアンタイヤは安いから、安いタイヤならなんでもいい」というだけでコメントしているだけの人かもしれません。
>>  激安タイヤのオートウェイで、アジアンタイヤの口コミを見てみる

オートウェイの口コミ、レビューは一味ちがう

オートウェイというタイヤ通販専門店をご存知ですか?

オートウェイは、アジアンタイヤに強いタイヤ通販サイトです。オートウェイでもアマゾンや楽天のように、タイヤを購入した人のレビューを閲覧することができるのですが、アマゾンなどとは一味違います。

口コミ数の数が違う

さすが、アジアンタイヤの商品ラインナップに強いオートウェイだけあって、アジアンタイヤを知っている方は、このサイトでタイヤを購入される方が多いです。 だからタイヤの口コミレビューの数が740件や901件など、他通販サイトと比較して桁違いであることがお分かりになると思います。

独自のレーティングシステム

さすが、アジアンタイヤ通販に強いオートウェイ。

アジアンタイヤに初めてチャレンジする方の不安な心理をくみとって、アジアンタイアの不安を払拭するための独自のレーティングシステムを取り入れています。

先ほども書きましたが、タイヤは「コスパ」以前に、タイヤ性能(特に、ドライ、ウェット環境でのグリップ力)は、下手したら命に関わる部分なので、お金の問題より優先順位が上なはずですよね?

また、静粛性や高速走行での安全性、タイヤの耐久性も気になるところです。

オートウェイでは、実際にアジアンタイヤを購入して使用したユーザーが、レーティングしていますし、クチコミ件数も1000近いレビュー数があるので、客観的な評価がしやすいと思います。

さらに、レーティング評価だけでなく

  • 私は「◯◯(車種)」に装着しています
  • 普段、車を◯◯(使用環境)の条件で使用しています

という風に、具体的な感想も一緒に添えてあるので、自分と同じ使用条件の方のレビューは特に参考になりますよね?

まとめ

コスパ的には魅力的だけれど、周りにあまり装着している人がいなくて、なかなか手を出しづらいアジアンタイヤ。

オートウェイはアジアンタイヤに強いタイヤ通販会社なので、アジアンタイヤを実際に使用している方からの貴重なレビューが集まるおすすめのサイトです。

「アジアンタイヤに交換してみようかな〜」

と、迷っていらっしゃる方は、是非オートウェイの口コミレビューを参考にしてみてくださいね。
>>  激安タイヤのオートウェイで、アジアンタイヤの口コミを見てみる

sponsored link


シェアよろしくお願いします!

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。

      コメントがスパム欄に入っていたので、あえてスパム解除して公表させていただきました。

      今の時代、広告運営されていないメディアの方が珍しいと思いますが?

      ゴミかどうかは、あなたの主観の問題で、私が提示している今回のリンクは、アジアンタイヤを「実際に購入」「実際の使用感」のレビューが「タイヤという特殊な商品特性」を基準にしたきめ細やかなレビューが集約されている極めて有益なリンクだと思いますよ?

      アマゾンや楽天のレビューより、はるかにタイヤ購入時に適した形のレビューサイトだと思いますが。

      かつ、それで実際にリンクからタイヤを購入されている方がいらっしゃるのだから、その方にとっては参考になったということで十分ではないでしょうか? 別にあなた1人のために情報提供するつもりは毛頭ないので。

      勘違いしないでいただきたいです。

      アフィリエイトをそこまで嫌悪されるなら、ご自身のお金でアジアンタイヤを買い集めて比較検証されてはいかがですか?

      アジアンタイヤでしたら、子供のお年玉程度の金額で購入できるでしょう。
      その程度の余裕すらないのですか?

      もう少し、視野を広く持たれたほうがよろしいかと思います。

  • コメントを残す